紅鮭ししゃもっ子(鮭フレーク・ししゃも卵・ご飯のお供)釧路おが和 通販・お取り寄せ

誰だって波瀾爆笑で「江戸っ娘」と、「紅鮭ししゃもっ子(北海道釧路・おが和)」が登場!

2019年2月10日放送の日本テレビ「誰だって波瀾爆笑」のゲストがオススメする料理・グルメ商品(お取り寄せ)を紹介するコーナー「最強の白飯のお供」で、ゲストの東京03のメンバー「角田晃広」さんが「コレさえあれば何杯でもいける」というご飯のお供「鮭フレーク・紅鮭ししゃもっ子(お店は北海道釧路のおが和)」を紹介!

ご飯は「江戸っ娘」という、ツヤの良さともっちりとした食感が特長の東京のお米です。

紅鮭ししゃもっ子は、北海道産の紅鮭とししゃもの卵を使用した鮭フレークにプチプチ食感が特長。

スポンサーリンク

紅鮭ししゃもっ子(北海道釧路・おが和)通販・お取り寄せ

北海道釧路にあるお店「おか和」の紅鮭フレークに、ししゃもの卵が入った「紅鮭ししゃもっ子」は、楽天市場、アマゾン、Yahoo!ショッピングで購入しお取り寄せすることができました。

\ご飯が止まらない!?紅鮭ししゃもっ子/

紅鮭ししゃもっ子は、手造りの天然紅鮭フレークに、ししゃもの卵を合わせ一手間かけ独特の食感と味に仕上げている。

紅鮭の旨味と、ししゃも卵の独特のプチプチっとした歯ごたえは今までにない鮭フレークの食感で好評です。

釧路おが和(北海道)とは?

北海道の東、豊かな海の幸に恵まれた港町釧路にある大正5年からある老舗魚屋「おが和」は、新鮮な素材を昔ながらの手造りと合成保存料や合成着色料を一切使用していない「安心」、「安全」な商品にこだわっている。

おが和の鮭フレークは手作業!

一般的な量販店で大量生産されている鮭フレークは鮭を機械で揉みほぐしたり海外でフレークに加工したものを使用している。

おが和では、新鮮な天然の原料にこだわり、作業すべてが手作業です。

そして、合成着色料、合成保存料は一切使用していないので安心・安全に食べることができます。

機械で生産するのと比べ作業時間も生産量も少ないが、ひとつひとつ丁寧に手作業を重ねて出来る紅鮭が持つ本来の味をより引き出す。

おが和の鮭フレークの作り方・手順

  1. 原料の紅鮭を丁寧に洗浄する。
  2. 2枚におろす。
  3. 紅鮭を2枚におろす。
  4. 加熱(蒸す)する。
  5. 加熱が終わったらすべて手作業で丁寧に骨を取り除く。
  6. 揉みほぐしながら小さな骨まで慎重に取り除く。
  7. 塩や秘伝のだしで味を整えた後、異物がないか検査し一瓶一瓶に詰める。
  8. 熟練の女工さんが1瓶づつ性格に計量する。
  9. 瓶詰め後加熱減菌する。
  10. キャップの緩みなど、検品した後包装し保管する。

おが和の人気商品ランキング

おが和で売れている人気商品は?

1位~5位

  1. たこの本わさび漬
    北海道産、山わさび国産本わさびを近海産たこで漬けたお刺身感覚で食べれる老舗のたこわさび。
  2. 紅鮭ししゃもっ子
    紅鮭の旨みとプチプチとしたししゃも卵の食感は今までに無い鮭フレーク。
  3. 鮭とばイチロー
    釧路近海産、秋鮭を使用し低塩、ソフトな口当たりの釧路で一番人気の鮭トバ。
  4. いかの沖漬
    船上で生きたまま丸ごとイカを醤油たるに漬け込む北海道、伝統のいか料理。
  5. いくら醤油漬け
    おが和の秘伝の醤油タレを使用した釧路産のいくら醤油漬け。卵本来の味が楽しめる。

国際線ファーストクラスで提供されている、おが和の「たこの本わさび漬」が人気第1位でした。

テレビや、芸能人がオススメする、おが和の珍味「つぶ貝のやわらか煮」はなんとランキングには入っていませんでした。

「つぶ貝のやわらか煮」とは?
釧路近海産「つぶ貝」をあっさりとした甘口醤油で時間を掛けてやわらかく煮込んだ、おが和の大人気商品。
お湯でわって貝スープ・炊き込みご飯の具としても楽しむことができるということです。価格は756円(90g)

個人的には、たらばガニほぐしが食べてみたいですね。
「朝茹でかにほぐし」という商品で、新鮮な「たらばがに」を生きているうちに茹で上げ(新鮮)、甘味・うま味を損なわない様、手早く殻を剥ぎ、あっさり味で食べやすくお造り。
蟹丼ぶりやチャーハンの具としても楽しめる。価格は1,620円(90g)

ちょっとわからなかったのが「すじめ」という食材。
すじめとは幻の海藻と言われている。そんな貴重なすじめを使った商品もありました。
「すじめさわやか煮」は、一切市場に出ておらず漁師さんのみ食している幻の海藻「すじめ」を無添加で佃煮状にお造り。
無添加ならではの飽きの来ないさわやかな後味が特徴。
納豆を食べる際にお醤油代わりとしてもオススメということです。

その他、松前漬けや、うにを使った商品などたくさんあります。

まとめ

誰だって波瀾爆笑(2019年2月10日放映)の東京03がオススメする「ご飯のお供」として、北海道釧路のお店「おが和」の「紅鮭ししゃもっ子」が紹介されました。

おが和の手造りされて鮭フレークに、ししゃもの卵のプチプチとした食感がプラスされた紅鮭ししゃもっ子です。

とても美味しそうですね。
このページでは誰だって波瀾爆笑で紹介されたご飯のお供「紅鮭ししゃもっ子」について詳しく調べてみました。

コメント