新説!所JAPANで紹介の金平糖 緑寿庵清水 京都市左京区 通販はできる?

2019年7月29日放送の所JAPANで夏の京都で絶品の土産で緑寿庵清水の金平糖が紹介されました。

織田信長のお墓がある阿弥陀寺のほど近くに佇む1847年創業の老舗が作る金平糖です。

金平糖について。
1546年にポルトガルからもたらされた異国の品々のひとつで、中でもひときわ美しく人々の目を引いたお菓子だったという。

当時はとても珍しく公家や高級な武士しか口にできない貴重な品だった。日本で金平糖が作られるようになったのは、長崎を始め、京都、江戸と広まったとされます。

今では手軽に食べられるようになったが当時はとても貴重でした。

スポンサーリンク

緑寿庵清水の金平糖の種類

味は、苺、蜜柑、檸檬、めろん、林檎、肉桂、生姜、バニラ、パイン、ばなな、桃、天然水サイダー、巨峰の13種類の金平糖があります。

中でも巨峰の金平糖は、皮で色付けし、果肉が入っているので巨峰そのものを感じらると好評です。

究極の金平糖

ごくわずかしか作れないため、毎年キャンセル待ちが出るという究極の金平糖があるんです。

究極のチョコレートの金平糖

※本店のみのお取り扱いなので注意してください。

高温の窯の中では溶けてしまい分離して液体状になるチョコレートを熟練の技により約18日間かけて仕上げてあります。

コクがありながらもあっさりとした後味で、常温で溶けずに保存できる画期的な逸品です。

究極の金平糖(チョコレート)の価格は4,000円です。
バレンタインにも。

究極のキャラメルあられの金平糖

※本店のみのお取り扱いです。

素材が柔らかい性質で油を含み、熱を加えて固めることが難しいキャラメルです。

核に玉あられを使い、約17日間かけて仕上げました。

究極のキャラメルの値段は4,000円です。

究極のシャトーヴァンブランの金平糖

フランス・ボルドー地方ソーテルヌ村で複雑な工程と気象条件が一級各付けの貴腐ワインを使用。熟練の職人技で約20日間かけて作り出すことに成功した奇跡の逸品です。

究極のシャトー・ヴァンブランの金平糖の値段は8,500円です。

究極のブランデーの金平糖

※本店のみのお取り扱いです。

熱を加えるとアルコールが飛び、金平糖に風味を閉じ込めることが難しいなか、最高級のブランデーを使用し、約18日間かけて深みのある味わいに仕上げた逸品です。

究極のブランデーの金平糖の値段は4,200円です。

究極の梅酒の金平糖

※本店のみのお取り扱いです。

厳選した梅酒を使った金平糖は、熱を加えると飛んでしまうアルコールと、酸性のため固まりにくい青梅との二種類の素材をかけ合わせ、独自の製法により約18日間かけて育てた香りも高くさっぱりとしたまろやかな風味の金平糖です。

究極の梅酒の金平糖の値段は3,800円です。

究極の日本酒の金平糖

※本店のみのお取り扱いです。

京都伏見の最高級の原酒を使用するため結晶させることが難しく、熱を加えるとアルコールが飛んでしまうにもかかわらず日本酒の風味を一粒に閉じ込めて約18日間手塩にかけて創り上げた逸品です。

究極の日本酒の金平糖の値段は3,800円です。

究極のヴォーヌ・ロマネ赤ワインの金平糖

※本店のみのお取り扱いです。

果実の味わいが強く砂糖と相性のいいフランス・ブルゴーニュ地方の赤ワインを選び抜き、ワイン独特の酸味とタンニン(渋み)が結晶を阻むところ、温度に気を配りながら約20年間かけて最高の技でワインの芳醇な風味を金平糖に凝縮した逸品です。

究極のヴォーヌ・ロマネ赤ワインの金平糖の値段は8,500円です。

究極の宝来豆の金平糖

厳選した最高級の大豆を核にして、皮がはじけないように煎りあげ、一種類に約18日間かかるので、紅白のため完成までにその倍の日数をかけて仕上げた逸品です。

究極の宝来豆の金平糖の値段は2,670円

緑寿庵清水の金平糖は通販できる?

緑寿庵清水の金平糖は通信販売はしていません。
しかし電話かFAXでのご注文は可能だそうです。

緑寿庵清水の金平糖が通販にて高額な価格で転売や類似販売されていますのでご注意してください。

緑寿庵清水

店名緑寿庵清水
住所〒606-8301 京都府京都市左京区吉田泉殿町38番地2
電話075-771-0755
営業時間10時~17時
定休日水曜日
WEBサイトkonpeito.co.jp

緑寿庵清水・アクセス(周辺の地図・場所)

まとめ

所ジョージさんの番組の新説!所JAPANで今おすすめのお土産の緑寿庵清水の金平糖が紹介されました。残念ながらネット注文はできませんが電話/FAXでの注文はできるということです。

所JAPAN
スポンサーリンク
とく食べをフォローする
とく食べ

コメント