【マツコ有吉かりそめ天国】ワンタン麺が美味しい店 超極薄ワンタン ワンタンメンの満月 東京都三鷹市

今回のマツコ有吉かりそめ天国は大好物ワンタンが美味しい店TOP3を紹介した。
有識者のラーメン評論家 大崎裕史さん、ラーメン官僚 田中一明さん、ラーメンYouTuber SUSURUさんがワンタンの美味しいらーめん店を選抜した。

ワンタンメンの満月(三鷹市)
山形県酒田市(本店)で昭和35年創業の名物ラーメン店。
創業60周年を記念し2020年2月8日(土)東京に初進出したお店です。

目次

超極薄ワンタン「ワンタンメン煮玉子入り」

マツコ有吉かりそめ天国で紹介 超極薄のワンタン麺 ワンタンメンの満月 東京都三鷹市
出典:ワンタンメンの満月

ワンタンメン煮玉子入り 価格890円

有識者絶賛のポイントは、ワンタンの透き通る薄さ。
箸でワンタンがつかめないほど薄いワンタンです。

究極の薄さを求めた結果、人力では限界があるとしてワンタン専用の製麺機で極限まで伸ばす。
ローラーに7回かけて極薄の約0.2ミリの生地に仕上げる。

有吉弘行さんのワンタン論「雲を呑むって書くんだから皮が大事」の雲を呑むを体現しているワンタン。

こだわり満月のワンタンの作り方

  • 生地を作る
    ワンタンの原料は3種類 小麦粉・塩・水、カンスイのみ。
    湿度や気温などに合わせて量を調整しながらブレンドし、ワンタン生地を作る。
  • 生地を伸ばす
    ブレンドした粉を圧延機で均一な厚さになるよう薄くする。
    力のかけ方を調節しながら計5回の圧延作業を繰り返し、1kgの生地から20メートルの長さまで伸ばす。
  • さらに伸ばす
    最終工程専用の圧延機から微妙な力加減を加え、巻き重ねていく。
    この最終工程を終え、裏側が透けて見えるほどの薄さのワンタンができる。
  • 生地を切る
    食感や食べやすさに違いが出ないよう均等な大きさに切り分ける。
    そして余分な水分を飛ばし生地をなじませるため、-20℃の冷凍庫で熟成させる。
  • 具を詰める
    ワンタンの具はチャーシューの細切れをミックスした豚肉をスパイスで味付け。
    極薄のワンタン生地が破れないように素早く包む。

ワンタンメンの満月 東京都三鷹市

店名ワンタンメンの満月
住所〒181-0013 東京都三鷹市下連雀4丁目16−15
東洋三鷹コーポ 104号
電話0422-24-8557
営業時間11時30分~20時
定休日木曜
WEBサイトワンタンメンの満月

ワンタンメンの満月 アクセス(地図)場所はどこ?

その他のお店

【マツコ有吉かりそめ天国】ワンタンメンが美味しい店 ラーメン家 トイボックス 特製醤油ラーメン 東京都荒川区東日暮里(三ノ輪)

【マツコ有吉かりそめ天国】ワンタン麺が美味しい店 麺創庵 砂田 極薄ワンタン 東京都豊島区巣鴨

テレビ朝日 マツコ有吉かりそめ天国 毎週金曜日 夜8時
MC マツコ、有吉弘行、久保田直子

おすすめ記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる