【かりそめ天国】有識者が選ぶ本当に美味しい冷やし中華のお店ランキング!

マツコ&有吉かりそめ天国で、この道の有識者がテレビの都合関係なしに選ぶ忖度なしのガチガチランキング!今回のテーマは「冷やし中華」です。

かりそめ天国はこれまでに、ジェットコースター、麻婆豆腐、温泉宿、蕎麦、ハンバーグ、かき氷、惣菜パン、焼き肉、レトルトカレーなど放送してきた。今回は冷やし中華。

都内で冷やし中華を食べられるお店はなんと4,000件以上。

本当に美味しい冷やし中華はどこなんだろうと考えたことは一度はあっただろう。

今回忖度なしに発表した有識者は、

  • フードジャーナリスト 山路力也
  • グルメライター 下関マグロ
  • グルメブロガー とまそん
  • ラーメン女子 森本聡子
  • 冷やしラーメン愛好家 ライダカ

の冷やし中華を研究し食べ歩きまくっている5名の皆さんです。

「年中食べられないから冷やし中華はいい!」と気合い入れまくりのグルメライター下関マグロさん。

「美味しい冷やし中華は食べたい。そうでない冷やし中華は消えてしまえ」と厳しい顔のフードジャーナリスト山路力也さん。

「見た目は現代っぽいけど味は伝統」とその場の雰囲気を和ませる?笑顔のグルメブロガーとまそんさん。

本当においしい冷やし中華を議論すること2時間。

スポンサーリンク

有識者が選ぶ本当に美味しい冷やし中華のお店・場所やメニュー

有識者が選ぶ本当においしい冷やし中華ランキング!1位~10位はどのお店?

1位:ラーメン大至 都内・文京区湯島

冷やし中華が嫌いな店主が作る冷やし中華のお店。

冷やし中華 価格840円

ラーメンのスープがベースで、金華ハムと羅臼昆布を中心にした「スープが旨い」のが特徴です。

甘酸っぱさが嫌いな店主が研究を重ね酸っぱくない濃厚でコクのあるスープを作り上げる。

さらに製麺所と試行錯誤を繰り返し、スープの旨みを引き立て麺の旨みをより感じることができる中太麺を採用している。

有識者は
山路力也「 とか とかを使って出汁をひいている。普通冷やし中華にそこまでやらんでしょう」
ライダカ「店主、自ら冷やし中華嫌いって言っているのが良い。余計気になってどんな一杯か」

2位:あさひ 台東区浅草

町の中華屋さんが出す冷やし中華。

冷やしそば 価格850円

1キロ3,000円する通常の3倍の高級なクラゲをたっぷりと使っている。タレはクラゲの味をこわさないように鶏ガラスープを使っているのが特徴です。

有識者は
森本聡子「クラゲの冷やし中華」
山路力也「クラゲがのっているのはちゃんとした中華屋さん」
下関マグロ「ガチ中華ですね」

3位:麺や七彩 都内・中央区八丁堀

2017年、2018年のミシュランガイド東京掲載店

看板メニューは

喜多方ラーメン醤油

平打ち縮れ麺は軍鶏・鹿がベースのスープとの相性が抜群。
なんとこちら注文してから麺を打つスタイル。
打ちたての麺が食べられるんです。
打ちたてのため、作ってあるよりも小麦は甘味や風味がアップ。

冷やし中華 970円

メニューに合わせて麺を変えている。
ラーメンは、平打ち縮れ麺
冷やし中華は、細麺

そして細麺にかけるのが醤油ベースのトマトのタレ。
細麺とトマトのタレが絡み、冷製パスタのようなツルツルした喉ごし。

さらにトッピングのきゅうりと大葉で清涼感アップ。
トマトを使うことでスッキリとした味になり最後の一滴まで残さず食べられる。

ライダカ「麺の旨さが際立つ。この中でも僕はダントツ」
森本聡子「行きてますもんね麺が」

4位:取材NG 都内・新宿区

冷やし中華 価格 円

幅広い錦糸卵とごま油の風味。
どこのでしょうか。とても気になりますね。

忙しくなると対応できないという理由で残念ですが取材NGです。

有識者は
山路力也「この卵なにっていう驚きますよね」
下関マグロ「これでもかっていうぐらいチャーシューがゴロゴロ」

5位:栄屋ミルクホール 都内・千代田区神田

神田のオフィス街レトロな店で、昭和20年創業の甘味喫茶。
販売していたラーメンが好評すぎて35年前からラーメン屋さんとして営業している。

ラーメン 価格680円

鶏ガラをメインに生姜やにんにくといった香味野菜を使うことで濃厚だがすっきりとした一杯に。

マツコの知らない世界でも紹介されたラーメン店です。

冷やし中華 価格950円

人気の秘密は創業当時から変わらないタレ。
先代からレシピを変えず、醤油に酢、砂糖を加えた少し甘めの王道の醤油ダレ。

有識者は
とまそん「外観からして昭和、中入っても昭和」
山路力也「冷たい麺料理としての完成度が非常に高い」

(ハナコ岡部大が実食)

6位:中華そば萬福 都内・中央区銀座

大正時代初代笠原福次郎さんが屋台から立ち上げ、昭和4年にこの地に店舗を構えた中華そば屋さん。

15年前に店舗を改装。味は創業当時から変わらない。

冷やし中華 価格990円

有識者は
山路力也「冷たい麺料理としての完成度が非常に高い」

7位:取材NG 都内・千代田区

1位じゃないなら撮影してくれるなと取材NGです。

8位:中華そば みたか 三鷹市下連雀

常連客で賑わう有名店。

冷やしラーメン 価格600円

まぶした黒ごまはお酒に合う。

有識者は
とまそん「蕎麦みたいですよね。和蕎麦みたいなゴワゴワ感」
山路力也「あの麺の美味しさは他にはない」
下関マグロ「ビールに合うんですよね」

常連は必ずビールと食べるという冷やし中華。

9位:取材NG 都内・荒川区

お客さんが増えると常連さんに迷惑がかかるということで取材NGです。

10位:麺恋処いそじ 都内・渋谷区代々木

イタリアン出身の店主がつくる冷やし中華。

冷やし中華 価格980円

ジュレ状のタレにシャーベット状のタレをのせ最後まで冷たく食べられるようにしている。

冷やし中華が苦手な人でもラーメン感覚で食べられる一品です。

冷やし中華が苦手な人がラーメン感覚で食べられる?
これはもう冷たいラーメンですね。

まとめ

冷やし中華いかがでしたか。食べたいなぁというお店は見つかりましたでしょうか。
ちょっと時期が遅いのではと思うがもう1ヶ月早かったら一般人にはもっと需要があったかもしれない。マニアには季節は関係ないだろうが、そもそもお店が「冷やし中華終わりました」になっているお店も多いと思うので残念です。

そんなところ1位のラーメン大至さんでは放送後3日間だけ復活してくれるそうです。

しかし取材NGの冷やし中華のお店がどこなのかとても気になってしまう。どこだろう?

コメント