屋上はちみつ・希少な国産日本蜜蜂の中延で採れた幻のはちみつ マツコの知らない世界

2019年8月6日放送のマツコの知らない世界で屋上はちみつを特集。東京の都会の屋上に蜜蜂がせっせと蜂蜜を集めていたんです。はちみつというと緑が多い大自然のど真ん中にはちみつ箱が設置されており、そこで蜂蜜を採っているのをよく見ますしそういうイメージしかありませんでした。

都内といえばビル街でアスファルト・コンクリートの街。
「都会で花の蜜が採れるのか?」という疑問があります。

教えてくれたのが日本屋上ハチミツのドンと呼ばれる男性・田中淳夫さんです。

都会といえど実は緑が多く屋上はちみつの蜜蜂はなんと皇居の花の蜜や神社、または大きなお庭などから考えるより多く蜂蜜が採れるというんです。

「皇居の花の蜜」なんて高級なんでしょうか。

蜂蜜は西洋ミツバチが主流なのですが、都内でも日本ミツバチが活躍しています。

そこでマツコの知らない世界で紹介された日本蜜蜂のハチミツは、中延日本蜜蜂保存会「中延で採れた幻のはちみつ」と同蜂蜜の「中延で採れた幻のはちみつ熟成3年」です。

西洋ミツバチに比べ10分の1ほどしか採れないのでとても希少な高級はちみつなのでお値段も高いです。

100gで2,709円、熟成3年は100gで3,500円ほどになります。

スポンサーリンク

中延で採れた幻のはちみつ

こちらの中延で採れた幻のはちみつは、上でも説明した中延商店街事務局の屋上でニホンミツバチを養蜂し、巣箱でじっくりと1年掛けて生産する「熟成はちみつ」です。

日本蜜蜂がさまざまな植物から集めた蜜は、ほかにはない複雑な味わいを持ち「百花蜜」と呼ばれます。

味は芳醇で後味のすっきりとした上品な甘さが特徴です。

銀座はちみつ

こちらの銀座のはちみつも屋上はちみつで、蜜蜂が色々な花から蜜を集めてきたいわゆる「百花蜜」とよばれるはちみつです。

毎日違った味わいが楽しめる!
4月は菜の花、ソメイヨシノ(桜)に始まり、藤、マロニエ、ユリノキ、ミカン、モチノキ、シナノキ、金柑、エンジュなど年によって8月まで採蜜できます。

はちみつ保存方法は、直射日光を避けて常温保存です。

屋上はちみつを使用した和菓子やスイーツ

番組で紹介された屋上はちみつを使ったお菓子はこちらです。

  • 銀座のはちみつ大福(お店:銀座あけぼの)値段260円
  • 銀座の蜂蜜カステラ(お店:文明堂)値段3,510円
  • 原宿はちみつプリン(お店:コロンバン)値段1,029円

まとめ

マツコの知らない世界で東京都内の屋上で養蜂している屋上はちみつが紹介されました。マツコさんも絶賛でしたね。

屋上ハチミツはとても面白いですし、東京の地元で採れたハチミツを地元の老舗お菓子屋さんなどが使うというブランド化はとても素晴らしい。そして希少なので値段がその分高くなるのは当たり前ですよね。都内にしか無い植物の花があるのか?と言ったら東京固有の植物の花の蜜はないのでは?と思います。

しかし広いお庭でめずらしいお花を育てているお家からも採蜜してくるのですから複雑な絶妙な旨みコクがでたりするのかなとも思います。ぜひ一度試してみたいですね。

コメント