朴葉寿司・岐阜高山地区の郷土料理レシピ(ZIP!)通販・お取り寄せ

ZIP!の日本全国・朝ごはんを探す旅「朝ごはんジャーニー」は岐阜県高山市で美味しい朝ごはんを探します。

高山地区は古い町並みや高山祭に代表される歴史と伝統が息づく城下町です。

視聴者のSNS情報をチェックすると、

“岐阜の今の時季の朝ごはんは、朴葉寿司(ほおばすし)がおすすめ。…我が可児市の道の駅「可児市ッテ」では、名産の里芋で作る「里芋コロッケ」がある…”

今回は、朴葉寿司に決定。

朴葉寿司とは、初夏に飛騨地方中心に家庭で作られる料理です。

畑中さんのお宅で朴葉寿司作りを体験させてもらうことに。

朴葉寿司の作り方は、

  1. 酢飯にサケ・しらす・みょうが・しょうがを入れ混ぜる。
  2. きゃらぶき(ふきのつくだ煮)・紅しょうがをのせ朴葉で包んで1時間おく。

朴葉も一緒に食べるの?と思いましたが、朴葉は食べませんということです。

スポンサーリンク

岐阜県高山市の朴葉寿司のお取り寄せはできる?

\朴葉寿司/

こぶしの里(楽天市場店)の朴葉寿司は、焼鮭と枝豆のほぐしとゴマあえきゃらぶきの朴葉寿司です。

このショップの評価と朴葉寿司のレビュー

飛騨地方出身の私ですが、久しぶりに朴葉寿司を食べました。とても美味しく懐かしい味でした。すし飯の中に混ぜ込んである細かい緑色のものは、ひょっとしてお茶の葉でしょうか?粉茶でしょうかね。私が以前食べたのは茗荷が混ざっていました。茗荷を混ぜないで、すし飯の上に甘酢生姜がのっていますが、これはいですね。茗荷が苦手な人もいますから。朴葉の香りがぷーんとしてとにかく美味しかったです。

朴葉とは?
葉は芳香があり、殺菌作用があるため食材を包んで、朴葉寿司、朴葉餅などに使われます。また落ち葉になった後も、比較的火に強いため味噌や他の食材をのせて焼く朴葉味噌、朴葉焼きといった郷土料理の材料として使われるということです。

朴葉寿司のレシピ

所要時間40分

材料(4人前)

米 3カップ(3合)
酢 60ml
砂糖 80g
塩 小さじ2
朴葉
具(お好みで)卵焼き、ふき、ます、酢さば、しぐれ、きのこ、紅しょうが、しいたけ、しそ、ささげ、さば、さんしょ葉など。

作り方・手順

  1. ご飯はやや固めに炊き、合わせ酢を混ぜる。
  2. 具を準備する。(季節により、いろいろの幸を煮付けて別々に冷ます)
  3. 朴葉はぬれ布巾で汚れを取る。
  4. 二つ折り、または三つ折りにして葉に包む。
  5. 完成。

料理のコツ・ポイント
朴葉の汚れを取る際には、破れてしまわないように優しく行う。
具の用意ができたら、朴葉に茶碗1杯くらいの酢飯をのせ、1cmほどの厚さに広げる。
その上にお好みの具材をのせ、葉に包んだ状態で半日程度置くと朴葉の香りが酢飯にしみ込む。
酢飯が温かいうちに包むと葉の香りは良くしみ込みますが、葉が変色する事があります。
朴葉は岐阜県内のスーパーなどで販売される。季節の物なので入手できない時期あり。ネットでは1年中いつでも購入できます。

レシピ出典:岐阜県農政部農産物流通課

まとめ

ZIP!の朝ごはんジャーニーは岐阜・高山市から朴葉を使ったお寿司「朴葉寿司」が登場しました。レシピや販売場所などを調べてみました。

コメント