牛乳瓶に詰めた生うに・岩手は今が旬の時期・通販やお取り寄せ・再販情報は?

2019年6月8日放送の日本テレビ「ズームインサタデー」のお取り寄せコーナー「きょうナニたべたい食堂」は

今回のおいしいもの候補は?

今の時期に食べたい旬のもの

  • キビナゴ
  • ウニ
  • トウモロコシ

でした。

そして選ばれたのはウニでした。

スポンサーリンク

牛乳瓶入り生ウニ(岩手・三上商店)

番組では牛乳瓶入り生ウニが紹介されました。各大手ショッピングサイトで購入できる牛乳瓶入り生ウニを調べてみました。

\牛乳瓶入り生ウニ/

三陸の漁師の間ではウニを牛乳瓶に保存するのは常識で、塩水を入れても密封でき、運搬の際に身が崩れないから。

中には三陸名産のキタムラサキウニがぎっしり。

三陸沖は、ワカメや昆布など良質な海藻類が豊富でそれを食べて育ったウニは甘みが強くなるといいます。

ウニ漁は5月から8月上旬の波が穏やかな早朝の限られた時間しかとることができないんです。

三上商店の牛乳瓶入り生ウニの商品を参考に説明すると、三陸・岩手の生うにはミョウバンなど一切使用しない天然の恵みです。

食べ方は、届いた生うには減菌海水に入っており、ざるなどにあけ塩水を切り、お好みで醤油などを加え、あとはご飯に乗せてウニ丼にどうぞ。1瓶で2~3人前くらいのウニ丼が作れます。

また、冷凍すると身が溶けてしまうので冷凍はできません。

三陸海岸の岩手県宮古市は世界でも珍しいリアス式海岸です。その独特の地形は水の深い入り江が多く天然の良港なんです。また、太平洋の海流により沖合いは「三陸沖」と呼ばれ世界三大漁場の一つに数えられています。

また、三上商店はの夏のおすすめはこちら。

  • 牛乳瓶入り生うに

宮古の夏の味覚の代表格「牛乳瓶入りの生うに」で、ミョウバンなど添加物を一切使用していない為、日持ちがしない代わりに味わいは絶品。その日の相場価格で販売。時期は5月~8月初旬頃

  • 焼きうに

生うにをアワビの貝殻に盛り焼き上げたもので冷凍だと1年間保存可能です。ほぐし身をご飯に混ぜたうに御飯は磯の香りが口いっぱいに広がります。時期は8月~12月頃

  • 塩うに

うにの塩漬けです。塩につけることで雲丹の味が凝縮されます。長期保存が可能でおにぎりの具材として最高のおすすめ商品です。時期は9月頃~11月頃

楽天市場で三上商店さんの公式ショップがありますのでぜひチェックしてみてください。

→ 三上商店 楽天市場店

まとめ

ズムスタ(2019年6月8日放映)で、岩手県の牛乳瓶に入った生雲丹が紹介されました。

お店は三上商店で牛乳瓶入り生うには各通販ショップでも取り扱い購入しお取り寄せが可能です。生雲丹の旬の時期は5月から8月の波が荒くない早朝の限られた時間しか漁ができないので希少で価格も高価ですが、一年に一度は食べたい代物です。

人気のお取り寄せですので、売り切れの場合がありますがとれ次第再販されるのでこまめにチェックするか予約販売があれば購入しておけば販売再開されてお届けしてくれるかもしれませんのショップで確認してみてください。

コメント