ミシュランガイド東京2019おにぎり店が初掲載!「宿六」いくら

あさチャン!でミシュランガイド初掲載のおにぎりが登場!

2018年12月4日放送のTBSテレビ「あさチャン!」で、先週金曜日に発売されたレストランの格付け本「ミシュランガイド東京2019」で、はじめて掲載された「おにぎりの専門店」を紹介!

ミシュランガイド2019に掲載された「おにぎり専門店」とは?

今回の2019年ミシュランガイドにおにぎり専門店が掲載されました。

お店に並んでいる人は、

  • おにぎりでミシュランってね。食べてみたいなと思って

いま世界でおにぎりブームになりつつあり、アニメを通じておにぎりを知り食べてみたいと思う外国人が増えている。

  • 千と千尋の神隠しでおにぎりを見て。
  • アニメや漫画で見たことあります。
スポンサーリンク

ミシュランガイド東京2019初掲載「おにぎり店」徹底調査

先週末お店に行くとお客さんの大行列が!

札幌から来たお客さんや、福島から来たお客さんも!

「ミシュランに載ったのを見たので、これは食べなければと2時間半待ちと言われています」とお店は大人気!

ミシュランガイド東京2019の中でも手頃な価格で楽しめる「ビブグルマン」に世界で初めて選ばれた「おにぎり専門店 おにぎり 浅草 宿六」です。

ビブグルマン
価格以上の満足感が得られる料理
良質な食材で丁寧に仕上げており、5,000円以下で楽しめる。

創業64年 おにぎり浅草宿六(やどろく)。

そこで気になるのが、都内ではかなりたくさんのおにぎり専門店がありますが、なぜ「宿六」がミシュランガイドに掲載されたのか?

ちなみに主なおにぎり専門店

  • onigily cafe(東京・目黒区)
  • onigiri bento Gyu!(東京・千代田区)
  • 神楽坂 むすびや(東京・新宿区)

日本ミシュランタイヤ広報部 三輪唆矢佳部長によると「ミシュランガイドの調査員は、5つの評価基準を世界共通で使用しております。(評価基準は)店主の方の研究熱心な『こだわり』、『独創性』につながる」といいます。

宿六の店内はまるで寿司店のよう。
見た所どこにもおにぎりがありません。

店主のこだわり「作り置きは一切ないんですよ。オーダーされてからその場で作るっていうことですね」

店主いわく、

  1. 鮮度が命のおにぎり。
  2. 型を使う。

初代が考案したものを引き継いでいるのが基本。

型に入れて、手で握る回数は3回だけ。

なぜ3回だけというと、空気が逃げていってしまうから。
空気を逃さない熟練のワザ。

お米にも「店主のこだわり」があります。

「1年に1回は確認して、その年に使う米を選ぶ感じですね。天候によって味が若干変わってしまうんですよね」

今年使ったのは、「新潟県糸魚川産コシヒカリ」でした。

毎年お米を厳選して、出来の良い品種に変更しているということです。

「具と海苔がどうしても強いので、それに負けない力強いお米を使うようにしていますね」

大切なお米を炊くのが釜です。
創業当初から釜炊きを継承

海苔は、せっかく浅草でおにぎりを出しているので、東京湾産の海苔を使っている。

東京湾の海苔は、強い香りや歯ごたえが特徴です。

海苔の包み方にもこだわっており、あえて片方は包まないようにして、「しっとり」と「パリパリ」の両方が楽しめる海苔の巻き方をしている。

おにぎり浅草・宿六(東京・浅草)

昭和29年創業のおにぎり専門店。
大釜で炊いたお米と、江戸前の海苔が特徴。
寿司屋のようなカウンター席で食べる事も、テイクアウトも出来ます。

ミシュラン・ガイドが認めたおにぎりは、

  • 「いくら」1個 690円

です。

ミシュランガイド東京2019に掲載されたおにぎり「いくら」を食べたレビュー(感想)は、「ごはんがほぐれる、いい感じに絡まっていくらの味も濃厚」と好評です。

店名おにぎり 浅草 宿六
住所〒111-0032 東京都台東区浅草3丁目9−10
電話03-3874-1615
営業時間11時30分~、18時~(ご飯がなくなり次第終了)
URLonigiriyadoroku.com

おにぎり 浅草 宿六・アクセス(周辺の地図・場所)

まとめ

あさチャン!(2018年12月4日放映)で、ミシュランガイド東京2019で、はじめて掲載された「おにぎり店」を紹介!

掲載されたカテゴリは「ビブグルマン」で、価格以上の満足感が得られる料理で、良質な食材で丁寧に仕上げており、5,000円以下で食べられるというもの。

都内に数あるおにぎりの専門店の中からなぜ宿六さんが選ばれたのか。
それはビブグルマンの基準に達しているからなんですが、都内に数あるおにぎり専門店でおいしい所もありますよね。

宿六がミシュランガイドに掲載された理由として、寿司屋のようなカウンターで食べるスタイルは高級感があります。そしてデパートのフードコートのような店内ではたぶんミシュランガイドには掲載されないかもしれません。

ミシュランガイド東京2019で初掲載された「宿六」さんのおにぎりでした。

コメント