【サタデープラス】10分でできるフレンチトーストの作り方。浜内千波さんレシピ

TBS系「サタデープラス」で浜内千波さんが10分でできるアイデア時短レシピを教えてくれました。

浜内千波さん
テレビ出演や講演会、執筆活動まで幅広く活躍。
優しくも厳しい料理教室「ファミリークッキングスクール」は4年待ちという大人気ぶりです。

料理経験のほぼないMBSアナウンサー清水麻椰さんがスパルタ先生に弟子入り!

10分でできるフレンチトーストを教えてもらいました。

スポンサーリンク

10分でできるフレンチトーストの作り方

サタデープラス 10分で出来るフレンチトーストの作り方 浜内千波さんレシピ

パンに卵液をしみ込ませるのですが、通常は浸け込む時間が30分以上で、一流ホテルのシェフは1日浸け込むというとても時間のかかる工程です。

しかし浜内千波先生はこれを10分でやってしまうというんです。

材料

【食材】
食パン 2枚
牛乳  100cc
卵   1個
バター 15g

【調味料】
砂糖 大さじ1

作り方

1.パンが2個浸け込む大きさの容器に溶き卵、牛乳、砂糖を加え混ぜます。

目からウロコの時短ポイント
パンの切り方にありました。
そのままパンを浸け込むのではなく、パンの繊維に対して垂直に半分に切る。
そうすることで断面全体から一気に卵液を吸い上げることができます。

2.パンを半分に切り卵液に1分ほど浸け込む。ひっくり返してもう1分浸け込む。
3.熱したフライパンにバターを入れ、パンに焦げ目がつくよう片面ずつ焼く。

しっとりフレンチトーストの完成です。

気になる出来栄えは?

料理下手な清水麻椰アナウンサーでも調理時間12分30秒で完成しました。

浜内千波さんいわく、清水アナウンサーの理解力がもっとあれば早くできたはずという辛口コメントをいただきました。

そして2分で卵液がしみ込んだ方法はまさに目からウロコです。
通常30分は浸け込む作業をたったの2分でできるというのはすごい技ですね。

完成したフレンチトーストはしっかり染み込んでいます。

自宅で10分でできる時短フレンチトーストなのにカフェのお店の味がする絶品な仕上がりです。

清水アナウンサー「4等分6等分すると、もっと染み込みが早くなる?」

浜内千波さん「そうね。だけどそんなのみたことないわ。☓☓☓☓☓☓(書けないできないワード)」

浜内千波さんレシピ本

浜内千波さんのレシピ本です。
時短レシピやダイエットレシピなど全部欲しくなっちゃいますね。

まとめ

浜内千波さんの誰でも簡単にたったの10分間でできるフレンチトーストの作り方をご紹介しました。実際に作って試してみましょう。

サタデープラス
土曜日あさ8時から放送

コメント