池利の三輪素麺茶屋 千寿亭 山辺の道 三輪そうめん通販 奈良県

スポンサーリンク
三輪そうめん茶屋・千寿亭 山辺の道 通販 奈良県

ZIP!朝ごはんジャーニーでは、奈良県桜井市にある池利さんの飲食店の三輪素麺茶屋・千寿亭で三輪そうめんをいただきます。

三輪そうめん池利
170年前の嘉永3年、初代の池田利平氏がそれまでの技術をさらに研究・発展させ、そうめんの製造を始めたのが池利の始まり。
熟練の職人が1kgの小麦粉を、実に2kmもの長さに延ばしていく昔ながらの手延べ製法で造る細く引き伸ばされた絹糸のような麺が特徴です。
贈り物(ギフト)としても定番商品になっています。

三輪そうめんにはカラフルな色撫子(いろなでしこ)価格1,080円もあります。

色撫子には、野菜などの粉末を生地に練り込んで色を付けたそうめんで「白、緑、赤、紫、黄色」がありました。

熟練そうめん職人が手延した「山辺の道(価格5,400円)」は細麺で純白の絹糸のような三輪素麺の最高級そうめんです。

山辺の道そうめんは、歯ごたえ、コシの強さが違います。

千寿亭の三輪そうめんを実食です。
特等粉クラスの小麦粉を独自ブレンドすることで麺にツヤツヤとした光沢と、コシ、なめらかさ、歯ざわりの良さが増します。
食べてみたら一目瞭然です。

奈良県が発祥といわれる「にゅうめん」も食べましたよ!
熱々で食べるそうめんはより小麦の香りが強く美味しい。

奈良ではお味噌汁の中にそうめんを入れてたのを朝ごはんに食べるんだそうですね。
お味噌汁にそうめんを入れるという発想はありませんでしたが、結構皆さん当たり前のように食卓でしているということです。
味噌にそうめんはとても合うと絶賛です。
一度試してみたいですね。

スポンサーリンク

三輪そうめん茶屋 千寿亭(奈良県)

店名三輪素麺茶屋 千寿亭
住所〒633-0074 奈良県桜井市大字芝293
電話0744-45-0626
営業時間11時~17時
定休日金曜

三輪素麺茶屋 千寿亭のアクセス・地図

三輪そうめんをお取り寄せ


楽天市場 三輪そうめん【池利公式/送料無料】
▶ Amazonはこちら
▶ Yahoo!ショッピングはこちら

三輪の里で特別な職人が作る希少な三輪そうめん。
名人が細く手延べしたそうめんを熟成庫で1年以上寝かせることでコシと風味が最高に仕上がります。
カップで手軽にお湯かけスープ素麺もあります。

まとめ・感想

町レベルにまで見ると、ご当地そうめんは数多くありますが、奈良の三輪素麺はとても有名です。お土産にもらったり夏のギフトにももらったことが有るという方が多いのではないでしょうか。
奈良では普段から食べられている三輪素麺で朝食にも食べるといいます。面白いのが味噌汁にそうめんを入れるということ。
ここだけの話ですが、味噌とすごく合うんです。
私やってみました。味噌汁にそうめん。
とても美味しかったです。
ぜひみなさんも楽しんでみてください。

コメント