もみわかめ(粉わかめ・ZIP!)は福井県三国町の名産品・ご飯のお供 通販・お取り寄せ

ZIP!の日本全国・朝ごはんを探す旅「朝ごはんジャーニー」は福井県から「」を紹介しました。

スタートは、福井県にある養浩館庭園から。
SNSをチェックすると、福井の朝ごはんには、「もみわかめをオススメします」とありました。

さっそく、福井市内で聞き込み。

もみわかめ」とは?
坂井市三国町の名産品で、天然わかめを天日干しで自然乾燥させ手作業で細かくしたもの。味付けは海水の塩分のみ。ソウルフードです。

スポンサーリンク

もみわかめ 通販・お取り寄せ

\もみわかめ/

もみわかめは、瓶に入ってるものが多いんだそうですね。

越前福井の特産品であるもみわかめは、磯の香り漂う5mmほどまで小さくした乾燥わかめ(粉わかめ)のこと。

ミネラルたっぷりの食品としても注目されているんです。ご飯のふりかけ、おにぎり、お味噌汁に浮かべ具にするなど、地元では食卓のお供(ご飯のお供)としてどの家にも常備してるとうことです。

もみわかめ(粉わかめと同じもの)は、福井県三国名産です。

日本海の荒波で育てられた新鮮なわかめを、独自製法で手作りしたもの。新鮮なワカメを乾燥し細かくして、手間暇かけて作った逸品です。

もみわかめ 使い方

海女(漁師)が越前近海でとった天然わかめを天日で干し、もんで細かくしたワカメです。ご飯にふりかけにして食べる。

三国町から昔から伝わる食べ方で、粉わかめを1930年にもみわかめと名付け瓶詰めにして販売したのが波屋さんだということです。

もみわかめ 天たつ 簡単レシピ

天たつさんのHPでレシピがのってます。

皆さんおすすめするのは、やはり熱々御飯の上にもみわかめをかけて食べること。

もみわかめとキャベツとラディッシュの和風ゴマサラダ

材料(2人分)

キャベツ 大きな葉 3、4枚
もみわかめ 4g
塩 少々
ごま油 大さじ1
醤油 小さじ1
炒りゴマ 適量
ラディッシュ 1個

作り方

  1. キャベツを千切りに、ラディッシュをスライスします。キャベツのクキの太い部分は薄切りにし、しんなりするまで電子レンジで温めます。
  2. ザルにとり水分を落とします。
  3. 器に盛り、炒りゴマをふり、ごま油と醤油、塩で味を調えたタレをかけて、上からもみわかめを振りかけて完成。

まとめ

ZIP!の朝ごはんジャーニーのコーナーで、福井県坂井市三国町の名産品の天然わかめを自然乾燥して細かくしたもみわかめが紹介されました。昔からあった粉わかめをもみわかめと名付けたということなので、粉わかめも同じものです。

熱々のご飯にふりかけて食べると最高なんだとか。ぜひ食べてみたいですよね。あと、ZIP!のマーティンの朝ごはんジャーニーのコーナーですが、いつから「お宅で食べさせてください」になった?その朝ごはんのお供を食べられるお店を紹介した方が観光客の人は食べられると思うのですけどね。それにいきなりお家で食べさせてくれませんか?と、人任せ過ぎでは?と思ってしまう。人に迷惑かけずコーナーを成立させる方法を考えるべきですよね。お土産屋さんで購入して食べるというのも一つの手ではないですかね。名産品なら道の駅などで売ってるはずですからね。と個人的な感想です。

コメント