【生ゆば丼が有名な京都の行列のできる湯葉の店】とようけ茶屋 朝ごはんジャーニーZIP!

ZIP!朝ごはんジャーニーは、マーティンさんが京都の美味しい地元の方の朝ごはんを探します。今日は八坂神社からスタートです。

八坂神社を簡単な説明
京都市東山区祇園 (ぎおん) 町にある神社。旧官幣大社。祭神は素戔嗚尊 (すさのおのみこと) ・奇稲田姫命 (くしなだひめのみこと) ・八柱御子神 (やはしらのみこがみ) 。創建は貞観年間(859~877)というが諸説ある。全国にある八坂神社の総本社。祇園祭・白朮 (おけら) 祭は有名。旧称、祇園天神・祇園社・牛頭 (ごず) 天王社。俗称、祇園さん。

goo辞書

この日の京都は寒いので、温かいものが食べたいと主張するマーティンさん。視聴者さんの投稿から選んだ京都を代表する地元がおすすめする朝ごはんは「京都の湯葉」です。

京都といえば湯葉だという情報をゲット。
今日は紅葉を見に来ていた観光客のカップルさんと元気よく行ってきマーティン!と叫ぶだ、今日も神社だからか走ることはなかった。

湯葉説明すると、豆乳を加熱した時にできる表面の薄い膜で京都の名産品のひとつです。湯葉鍋とかで知ってる人も多いと思います。

街の人に京都湯葉について聞き込み開始。
女性「湯葉は上品な味」聞いた女性はマーティンさんのことを知らなかったようで、「アナタアメリカ人?ワタシニホンジン」と答える和やかな場面も有りました。
お坊さん「職業柄法事で食べたりします。先輩のお坊さんのお寺に行くと出してくださる」と京都ではおもてなしに湯葉を使うなど上品な食べ物のようです。

湯葉あんかけがおすすめ?
「あんかけは子どもが食べやすいと思います」

京都で、あんかけ湯葉のおすすめのお店にレッツゴーと行きます。

スポンサーリンク

とようけ茶屋(京都の名産品「湯葉」おすすめ店

明治30年創業のお豆腐屋さんが営む食事処です。
ロケの日はすごい行列で朝ごはんジャーニーで最長かもと驚くマーティンさんだった。
どれだけ待ったのかというと1時間45分待ち‼
気持ちマーティンさんの顔にも疲れが出ていて、お店脇にあるベンチにちょこっと小さく座るのである。
店員さんの「おまたせしました!!!」という元気の良い声でマーティンさんのテンションもMAX!
あんかけ湯葉とご対面です。

京都の生ゆば丼で有名なお店「とようけ茶屋」朝ごはんジャーニーZIP!

出典元:とようけ茶屋さんHP

生ゆば丼 価格1,056円

どんぶりにぎっしりの湯葉がいます。
とようけ茶屋の湯葉は、醤油、みりん、などで作ったソバつゆで下味をつけた生湯葉を使い、カツオと昆布でとったダシとソバつゆを合わせた汁で煮込む、最後に葛でとろみを付け、熱々の湯葉あんかけをご飯にオンザライスしたらめちゃくちゃ旨い湯葉丼の完成ですよ‼

あんかけの湯葉を食べたマーティンさんは「うめえ!!」と大音量の2時間くらい待った感情を一気に放出‼
その後も「うめえ‼」と完食です。
口の中に運ばれた生湯葉はすぐにとろける。
「おいしかったです!」と挨拶すると、「おおきに」と女性店員さんもお礼を言うという素晴らしいお店でした。

とようけ茶屋
京都の情緒が溢れる古典的な遊び心のあるレストラン。
湯豆腐や湯葉をはじめ京都の家庭料理を落ち着いて食べられるお店で、行列のできる人気グルメスポットです。

店名とようけ茶屋
住所〒602-8384 京都府京都市上京区 今出川通御前西入紙屋川町822
電話075-462-3662
営業時間11時~15時
定休日木曜
WEBサイトとようけ茶屋

とようけ茶屋・アクセス(周辺の地図・場所)

まとめ

マーティンさんが行った湯葉のお店は京都の行列のできるグルメスポットとようけ茶屋です。料理名は生ゆば丼です。価格は1,000円ちょっとです。11時から15時には営業終了で終わっちゃうからなおさらかもしれないけれど行列が凄すぎる。2時間は待つと思ったほうがいいくらい。実際に並んだマーティンさんは1時間45分だった。ということは腹減ったーって12時行った場合食べられるのは3時くらいでもう閉店ということもありえるのだ。なので食べたいなら開店前にはお店に行きたい所だ。行列ができてしまうお店に並んだことがある人はわかるだろうが、有名店で行列が当たり前と思われている店舗は30分前にいっても並んでいることがある。土日は食べられたらラッキーくらいに思わないと駄目かも。混んでてこれはダメだって思ったら近くにも飲食店がたくさんあるので妥協することにはなるが、もし旅行で行っていたのであれば待っている時間がもったいないので近くや空いてても旨いと地元が絶賛しているお店が他に絶対あるはずだから穴場を見つけるのも楽しそうですね。

コメント