青森県産ブランド米・つがるロマン(新米・いのお飯)通販・お取り寄せ

いのお飯で、新米「つがるロマン」と「つがる豚(木村牧場)」、「青森りんご」が登場!

2018年11月29日放送のフジテレビ「めざましテレビ」の伊野尾慧の旬のグルメを紹介する「いのお飯」は、新米特集も最終回、最後に紹介されたのは青森県産のブランド米・新米「つがるロマン」です。

その他、今日の日付が11月29日の「良い肉の日」なので、木村牧場が生産するブランド豚肉「つがる豚」と今が旬のリンゴ「青森りんご」が紹介!

青森県産・新米「つがるロマン」

米づくりの里・津軽を発祥の地とした銘柄で、稲作生産者の情熱とロマンを込めて名付けられた!

津軽富士「岩木山」をのぞむ津軽中央地帯を中心に、津軽西北、さらに南部平野内陸地帯での気象・土壌条件の良好な適地で作付けしています。

スポンサーリンク

青森県産ブランド米・新米「つがるロマン」通販・お取り寄せ

楽天市場やAmazon、Yahoo!ショッピングで購入することも出来ます。

品種「つがるロマン」は、母「ふ系141号」と父「あきたこまち」を人工交配して生まれる。

つがるロマンは、あきたこまちの子、「コシヒカリ」の孫という事になります。

味・品質ともに国内トップクラスのおいしいブランド米です。

つがるロマンの特徴は、津軽の短い夏でも十分に生育しなければならないので、「コシカリ」より早熟でかつコシヒカリの食味特性を持った品種を目指した「あきたこまち」を父として、青森県農業試験場で生まれる。

一般農業によるテスト栽培期間に日本穀物検定協会の食味総合ランクはA(平成10年~12年)で、平成9年の平賀産米は特A(魚沼産「コシヒカリ」と同ランク)の評価を得ました。

弾力性・食感がよく、硬さもあきたこまちに似ている。
冷めても風味良く崩れていくので、おにぎりにも最適です。

つがるロマンのご飯のお供は、つがる豚とりんごのオーブン焼き

つがるロマンのご飯のお供には、

  • つがる豚とりんごのオーブン焼き

レシピ(材料・作り方)
豚肉、りんご、ペコロス、マッシュルーム、キャベツ、ジャガイモ、レモン、オリーブオイル、塩コショウ
(200℃のオーブンで45分焼く)

つがる豚とは
津軽のお米と、津軽りんごのしぼりカスなどの飼料で育てられたブランド豚です。

りんごと豚肉を一緒に食べます。
今回使用したリンゴはサンふじ。

気になるお味は、「合う」。
「りんごの甘みが絶妙に豚肉と合いますね」

ご飯のお供りんごとポテトのキューブサラダ

  • りんごとポテトのキューブサラダ

レシピ(材料・作り方)
りんご、ジャガイモ、ベーコン、くるみ、チーズ、ベビーリーフ、シーザードレッシング

シャッキシャキでおいしい。

まとめ

めざましテレビ「いのお飯」(2018年11月29日放映)は、新米特集は最終回!青森県産ブランド米「つがるロマン」が紹介されました。

コシヒカリの孫にあたり、弾力性・食感がよく、硬さはあきたこまちに似ているということです。

今日(11月29日)は、良い肉の日ということで、青森県ブランド豚「つがる豚」と「青森リンゴ」を使った料理を食べました。

豚肉とリンゴはとても合うということで、すごく美味しいと伊野尾慧さんも言っていましたね。

青森県はりんごの産地ということで、リンゴを使用した料理もたくさんあるようですね。

みなさんもぜひ新米つがるロマンをどうぞ。

コメント