【魚喰いの大間んぞく】極上の大間マグロを堪能 青森県大間町

  • URLをコピーしました!

今回の旅サラダの中継(LIVE)では、青森県大間町にある大間まぐろが食べられる飲食店「魚喰いの大間んぞく」さんを紹介しました。

魚喰いの大間んぞく

大間の旬の魚介料理を提供する庶民的な定食店。
まぐろやアワビの丼や干物などを提供。
1番マグロを釣り上げた漁師さんが営む大間まぐろが食べられるお店です。
「親子二代の誇り 美吉丸水産×魚喰いの大間んぞく」

店主 竹内薫さん

目次

大間まぐろ

大間まぐろとは黒いダイヤと呼ばれるクロマグロ「本マグロ」のこと。
津軽海峡で水揚げされるマグロは天然の本マグロで、大間町で水揚げされたマグロは最高級で「大間まぐろ」というブランドネームで高値で取引される。

大澗漁港によって出願された「大間まぐろ」が地域団体登録商標となっていて、出荷される30キロ以上のマグロの頬にはブランドの証明となる大間まぐろシールが貼られることになっている。

シールにはナンバー(通し番号)が記入されており、どの船がいつどんな漁法で釣ったマグロかを厳密に管理している。

大間まぐろは通常は時速40キロ程度で泳ぎ、獲物や回避のために瞬間最高速度はおよそ125キロの速さで泳ぐといわれている。

大間まぐろの初せりの史上最高値は一匹3億3360万円です。
黒いダイヤと呼ばれる所以です。

魚喰いの大間んぞく おすすめメニュー「3色マグロ丼」

魚喰いの大間んぞく(美吉丸水産)大間まぐろ 飲食店 青森県
出典:美吉丸水産HP

3色マグロ丼 価格3,400円
(大トロ・中トロ・赤身)

他にも

3色マグロ刺身定食 価格3,400円
(大トロ・中トロ・赤身)

まぐ唐定食 価格1,000円

もおすすめ。

魚喰いの大間んぞく

北海道と本州の間、津軽海峡を主な漁場とし、本州最北端である青森県大間町・大澗漁港で水揚げされた天然の本マグロ「大間まぐろ」は奥深い濃厚な味が最大の特徴です。

大間産本マグロなどの通販もしています。

店名魚喰いの大間んぞく
住所〒039-4601 青森県下北郡大間町大間大間平17−377
電話0175-37-5633
営業時間8時~18時
定休日
WEBサイト美吉丸水産

魚喰いの大間んぞく アクセス(地図)場所はどこ?

魚喰いの大間んぞく(美吉丸水産)大間まぐろ 飲食店 青森県

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次