こんかいわし(柿太水産)と、こんかいわしのねじねじパン(パンアリエ)のお店と場所 富山県

  • URLをコピーしました!

あさイチのシェア旅で、富山県氷見市の魚料理こんかいいわしが紹介されました。
富山湾の王者ブリをはじめ美味しい海の幸がおいしいのは知っていますが、こんかいわしは初耳です。
氷見市ではブリに負けないおいしい魚がある。それはイワシです。
富山県氷見沿岸および近海から産出するイワシを氷見鰯といって広辞苑にも載っている有名なイワシなんです。
地元の氷見市ではイワシをぬか漬け(こんかいわし)にして食べています。

目次

氷見鰯のぬか漬け「こんかいわし」柿太水産

こんかいわし 柿太水産 富山県氷見市
出典:柿太水産

こんかいわしは、イワシのぬか漬けです。
こめぬかが訛って、こんかと言われるようになった。

江戸時代から続く老舗の水産加工会社「氷見 柿太水産」さんで、こんかいわしを作っています。
地元のお客さんに試食のサービスも行っています。

熟成したイワシと糠の風味、あとを引く酸味が大人の通の味です。
暑くなった夏場くらいが食べ頃です。
なかなか食欲が出ないような時に食べると食欲が増してくるからです。

仕込みが始まるのがイワシに脂が乗った2月で最盛期です。
塩漬けしていたイワシに糠をまぶして樽に敷き詰めたらイワシを塩漬けした時に出る汁をその上にかけてる。
漬け込み期間中は糠が乾かないように毎日その汁をかける。
樽には40匹で一段、ひと樽におよそ500匹くらいになります。
樽にはたくさん重しをします。4月、5月に暖かくなったら樽の中がブクブクいって重しが落っこちるくらい発酵して膨らんでくるからです。7月の樽開きにはたくさんの人が集まってくる氷見の風物詩です。

柿太水産 富山県氷見市

店名柿太水産
(かきた)
住所〒935-0004 富山県氷見市北大町3−37
電話0766-74-0025
営業時間9時~17時
定休日日曜
WEBサイト柿太水産

柿太水産 アクセス(地図)場所はどこ?

こんかいわし 柿太水産 富山県氷見市

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる