人生の楽園・京都京北にある農家民宿「Banja(ばんじゃ)」古民家暮らし体験・予約・料金が気になる!

人生の楽園で、京都市右京区京北にある農家民宿「Banja(ばんじゃ)」が登場!

2018年12月22日放送のテレビ朝日「人生の楽園」は9割以上を山林が占める自然豊かな京都市右京区京北で農家民宿「Banja」を始めた田中正則さん(54歳)と、なみさん(52歳)が主人公。

神戸市出身の正則さんは、旅をすることが大好き。
20代ではデンマークに留学し、その後30カ国以上を巡る。

世界各地の文化や地元の方と触れ合うことを楽しみましたが、「日本人とは何だろう、自分はいったい何者なのか」と疑問を持つ。

そして辿り着いたのが、昔話に出てくるような、平和でシンプルな暮らしを送ることでした。

帰国し日本各地を巡り、京北の地と出会う。
そして32歳の時に、なみさんと結婚し、築数百年以上の古民家に移り、農協で働きながら3人の息子を育てる。

おくどさんでご飯を炊き、囲炉裏を囲んで家族で食事をする毎日。お試し移住がいつのまにか20年近く経っていました。

「自然と共にある暮らしをみんなに知ってもらいたい」と思い、妻のなみさんと話し合い、民宿をやると決意。

2016年早期退職して農家民宿「Banja」をオープン。

ご夫婦の奮闘ぶりと、2人を応援し、支えてくれる地域の皆さんや宿泊客との交流の様子を紹介。

スポンサーリンク

人生の楽園で紹介の京都市右京区京北・農家民宿「Banja」

京都の中心部から周山街道・国道162号線を北へ車で一時間ほど。

鮮やかな四季を映し出す豊かな自然に恵まれた山里にある京北下熊田町下町(しもんじょ)という小さな集落に農家民宿Banjaさんがあります。

観光化されてない、普通の田舎暮らし。
昔ながらの囲炉裏や、かまどを使った暮らしに畑での農業体験、季節の野菜の収穫や陶芸体験なども楽しめる。

民宿名農家民宿 Banja
住所〒601-0272 京都府京都市右京区京北下熊田町杉ノ谷31
電話090-8932-8269
WEBサイトbanja-kyoto.com

農家民宿「ばんじゃ」と、平成28年12月に古民家一棟貸しの「五右衛門」が加わり2軒になりました。

古民家暮らし体験

おくどさんでお料理。
古民家ならではのおくどさん、かまど、へっついさんとも呼ばれる、昔ながらの台所でお料理が楽しめる。

かまどでのお料理は羽釜で炊くご飯はもちろん、煮物、てんぷら、フライ物などもとても美味しく出来上がります。
鉄板もあるので鉄板焼き、お好み焼きなども出来ます。

また、おくどさんの使い方、薪割り等はインストラクトしてくれるので安心です。

近くに新鮮地元野菜が揃う「道の駅ウッディー京北」、め牛和牛専門店「登喜和」、スーパーマーケット「サンダイゴ」、京北の地酒「羽田酒造」、スイーツの「亀屋弘清」などショッピングも楽しめる。

京都日曜日散歩などの雑誌やメディアでも紹介されています。

農家民宿Banja」アクセス(周辺の地図・場所)

まとめ

人生の楽園で京都市右京区京北にある農家民宿「Banja(ばんじゃ)」をオープンさせた田中正則夫妻が紹介されました。

「昔話に出てくるような暮らしをみんなと楽しみたい」と農家民宿を実現させたご夫婦の奮闘ぶりと2人を応援し、支えてくれる地域の皆さんや民泊客との交流の様子が紹介されました。

清々しい山の空気を感じ、朝の散策、昔ながらの囲炉裏や釜戸を使った暮らしをゆるりとできる農家民宿ばんじゃ。

おくどさん。かまどで料理!羽釜でご飯を炊いたり、囲炉裏でご飯を食べたりなど古民家暮らし体験が楽しくできます。

古民家の食べるお米・畑で収穫した野菜などの煮物・天婦羅(てんぷら)やフライ物(揚げ物)などに、鉄板があるので鉄板焼き、お好み焼きなど、とても美味しいんでしょうね!

ぜひ田舎体験をしてゆっくりと楽しみたいですね。

人生の楽園
スポンサーリンク
とく食べをフォローする
とく食べ

コメント