【人生の楽園】南アルプスクラインガルテンで農業体験のお試しなどの暮らしを経て移住する 山梨県南アルプス市

今回の人生の楽園は、田舎暮しに憧れ「クラインガルテン」で5年間のお試しを経て、山梨県南アルプス市へ移住した青木昇さん(70歳)と奥様の里美さん(68歳)が主人公です。

昇さんは、

  • 川崎市出身で中学校の教諭をしていた。
  • 25歳の時に小学校教諭の里美さんと結婚。
  • 田舎暮らしに憧れを抱いていた。
  • 2005年、人生の楽園を観てクラインガルテンの存在を知る。
  • 富士山が見える条件で探し、南アルプス市のクラインガルテンを見つける。
  • 59歳で早期退職。
  • 単身でお試し田舎暮らしを始める。
  • 2016年4月、ご夫婦は南アルプス市の住人となる。

今では地元のスーパーに出せるほどに上達した野菜づくり。
畑仕事をしてると、声をかけてくれるのが畑の師匠はクラインガルテン時代からお世話になっている金丸さんご夫婦です。

現在は、後輩たちの世話人を引き受け、野菜の育て方や移住を考えている人の相談に乗っている。

スポンサーリンク

南アルプスクラインガルテン

南アルプス クラインガルテンで農業体験などお試し暮らしして移住 人生の楽園
http://minami-alps-klein.jp/

南アルプスクラインガルテンは、農村集落の農家とのふれあいのある会員制市民農園です。
地元農家と肩の凝らないお付き合いをしたり、地元の農村文化を楽しむ行事やイベントに参加したり、お世話役農家から農作業の仕方、この土地での野菜づくりの指導を受けることができる。

滞在できるラウベのある区画では、菜園の他、さまざまな楽しみ方ができる。
樹の枝やウッドチップの小径や四季の花が咲き乱れる花壇をつくるガーデニング、ガーデンファニチャーを置いてアウトドアランチやガーデンバーべキュー、ハーブを育てたり、堆肥づくりをするナチュラルライフができる。

  • 農村集落の農家とのふれあいのある会員制市民農園です。
  • 地元の農村文化を楽しむ行事やイベントに参加できる。
  • お世話役農家から農作業の仕方、野菜づくりの指導を受けることが出来る。
  • 滞在できるラウベのある区画では、菜園の他、花壇をつくるカーデニング、アウトドアランチ、ガーデンバーベキューなどを行える。

ラウベとは滞在施設のこと。

滞在型区画

  • 敷地 1区画約470平米~500平米
  • ラウベ(滞在施設) 約47平米/オール電化仕様、シックハウス症候群対策の建材・内装材使用、フローリング洋間(約15.5畳)、土間、キッチンユニット、トイレ、洗面所、浴室、ポーチ、濡れ縁、農機具置き場、ケーブルテレビ端子(インターネット利用可)、電話端子
  • 敷地内設備 洗い場

新規会員募集について

野菜づくり、農村文化にふれる、農家との交流、菜園をつくり、時を過ごすという幸せが味わえる。

テレビ朝日 人生の楽園 土曜日18時~18時30分
MC 西田敏行、菊池桃子

コメント