青空レストラン・黒舞茸(真)大平きのこ・クロフ舞茸 通販・取り寄せ

青空レストランで、大平きのこ研究所が、天然の最高峰まいたけ、黒い舞茸「クロフ舞茸」に近づけるために試行錯誤して生産を可能にした黒舞茸が登場!

2018年11月24日放送の日本テレビ「満天☆青空レストラン」は、新潟県南魚沼市で生産・販売される「黒舞茸」が紹介!

香り味サイズどれをとっても最強の黒舞茸。
黒まいたけの食べ方や黒まいたけレシピも多数!

番組で紹介されたレシピは、天ぷら、ピリ辛炒め、アヒージョ、具だくさん・けんちん汁などがその美味しさに宮川大輔、ゲストのISSA DAICHI(イッサ・DA PUMP)も「うまーい」を連発!

名人は新潟県で有名の「雪国まいたけ」の創業者。

新潟県南魚沼市・黒舞茸とは?

舞茸作り30年の茸土が温度などのストレスをかけることにより、旨みの濃い黒舞茸の栽培に成功!

天然の舞茸の中でも最高ランクに位置づけられている、香り、旨味がともに最も高い最強と言われるクロフ舞茸。

そのクロフ舞茸の香り、旨味に近づけたのが、今回満天☆青空レストランで紹介した黒舞茸「真」なんです。

真の本物を追求した深い味わいが楽しめます。

スポンサーリンク

茸士がクロフ舞茸に近づけた「黒舞茸」通販・お取り寄せ

大平きのこ研究所の茸士が最高ランクのクロフ舞茸を追及した「黒舞茸真」です。

\大平きのこ研究所の黒舞茸「真」お取り寄せ/

黒舞茸の栄養となる土(培地)は国産オガなど、厳選材料にてブレンドして作る。茸士が自ら足を運び厳選する。

黒舞茸「真」は、新潟県南魚沼市の大平きのこ研究所が生産販売する天然舞茸の最高峰クロフ舞茸を匠たちが、長年の技術と経験から創った「真」(本物)を追求した黒舞茸です。

黒舞茸のこだわり

天然の舞茸はシロフ(シロ)、トラフ(茶)、クロフ(黒)に分けられる。

そして、クロフが最高ランクすなわち1番希少性が高く、市場価格も最高値で取引される最高級品である。

クロフ舞茸は、身が締まっており、食感が増し、香りが強いのが特徴。

最高ランクのクロフ舞茸を追求し、大平きのこ研究所の茸士が黒舞茸(真)を生産!

天然舞茸に近い栽培法を開発。
土(培地)作りとなる原料を厳選し、大株となるブロック培地を採用。

発生環境は独自技術による「ゆらぎ」をつくり、天然に近い大きく厚みのあるカサと、旨味のある舞茸「黒舞茸 真」を育て上げました。

そして、大平きのこ研究所では、舞茸の旬の状態でお届けするために収穫後速やかに出荷するなど、鮮度へのこだわりもスゴイ。

ここまでこだわっているので美味い鮮度の良い舞茸「真」の香りと旨味をお取り寄せでも味わえます。

ショップ(販売所):大平きのこ研究所
住所:新潟県南魚沼市余川915-46
販売責任者:大平洋一さん
電話:025-788-1025

まとめ

満天☆青空レストラン(2018年11月24日放映)は、新潟県南魚沼市の大平きのこ研究所が生産(栽培)販売する黒舞茸を紹介!

黒舞茸「真」とは、大平きのこ研究所・茸士(匠)たちが、天然舞茸の極上といわれるクロフ舞茸に味・旨味を近づけた舞茸のことです。

大平きのこ研究所は、黒舞茸と検索すると、「雪国まいたけ」と出てくるけど、なにか関係があるのでしょうか?

ラインナップは、ご自宅・贈答用と、業務用と、乾燥黒舞茸・真があるようですね。

今回青空レストランでお取り寄せになったのは、贈答用の黒舞茸・真で乾燥品ではないようですね。

通常の舞茸と比べると黒いです。
黒い舞茸なんですね。とても美味しそうです!

コメント