黄金色の良質な亜麻仁油(亜麻の里)青空レストランで紹介!お取り寄せ・通販可

2019年8月17日放送の満天青空レストランは北海道石狩郡当別町で亜麻仁油(あまにあぶら)を紹介します。

農薬を全く使用してない亜麻仁油を収穫し種子は選別し、乾燥させ亜麻仁(アマニ)をそのまま搾った黄金に輝く亜麻仁油です。
※栽培期間中は農薬を使用していません。

うちで使ってるスーパーで買った亜麻仁油はこんなにキレイな黄金色ではないけど、なんでこんなに黄金色をしてるのか?

調べると、良質な種子だけを使用し搾って、ろ過することでこんなにも美しい黄金色の亜麻仁油になるということです。

スポンサーリンク

亜麻仁油 亜麻の里

青空レストランで紹介された亜麻の里の亜麻仁油はお取り寄せ可能です。

  • 厳選した良い種子で搾る高品質な黄金色の亜麻仁油。
  • 北海道の契約農家で栽培した良質な亜麻仁油になる種子。
  • 収穫した種子は等級に分け、本当に良いものだけを使うこだわり。
  • 悪い種子を使うと黒ずんだり、緑色になったりするので、黄金色は良い亜麻仁油の証です。

昔ながらの時間をかけて低温圧搾(コールドプレス)です。
そして、ろ過しただけの100%ピュアオイルです。品質に自信があるので精製はしないということです。

亜麻仁油はデリケート(痛みやすい)ので、湿度、時間、光、空気あらゆる要素で酸化が進むのですが、新鮮な状態でお届けするためにこのような取り組みをしているんです。

  • 冷所保存している種子を必要な時に搾油しています。年間6回程度の搾油をしています。
  • 搾油、ろ過後ボトリングした亜麻仁油はそのまま冷蔵保存しています。
  • ご注文に応じてクール便で発送します。

などの取り組みをしているんです。

北海道産の亜麻仁油の保存方法

気になるのが保存方法ですよね。以下を参考に。

  • 亜麻仁油が届いたら開封・未開封にかかわらずそのまま冷蔵庫で保存します。
  • 開封後は1ヶ月以内に消費ください。
  • 亜麻仁油は透明なボトルに入っていますが、箱に入れてお届けするので光に当たることはありません。光に当てると酸化しますのでご注意ください。

亜麻仁油には約50%のオメガ3脂肪酸(αリノレン酸)が含まれます。

亜麻仁油は体内で作ることの出来ない必須脂肪酸「αリノレン酸」を多く含みます。

必須脂肪酸とは人が生きていくために必要な生理代謝機能に必要な脂肪酸で自身では合成できないものを言います。

必須脂肪酸(αリノレン酸)の必要な量は1日わずかスプーン小さじ1杯です。

現代人の食生活に不足しがちなオメガ3脂肪酸。
スプーン小さじ1杯3gで、オメガ3脂肪酸が約1.5g摂取できます。

厚生労働省の「日本人の食事摂取基準」ではオメガ3脂肪酸の目標摂取量は1gですのでスプーン1杯で十分に補えるということです。

そんなに多く必要ではないので続けられやすいですね。

オメガ3脂肪酸の生理作用(出典:厚生労働省)

以下は厚生労働省の食事摂取基準の表記です。

  • 欠乏すると皮膚炎などが発症する。皮膚の健康と生活習慣病予防に。
  • 血中中性脂肪値の低下、不整脈の発症防止、血管内皮細胞の機能改善。
  • 血栓生成防止作用等いろいろな生理作用を介して生活習慣病の予防効果を示す。

とあります。オメガ3脂肪酸が不足すると皮膚炎になったり、摂取することで血管内皮細胞の機能改善などが期待できるということですね。

医師もすすめる亜麻仁油は中性脂肪が高いので摂取するようになりました。

まとめ

今回の青空レストランは北海道石狩郡当別町が舞台。そこで、北海道北海道産亜麻仁をつかった亜麻の里の亜麻仁油が紹介されました。

黄金色は良質の証だそうですね。こんなにゴールド亜麻仁油はみたことがありません。スーパーで買ったうちで使っているのはちょっと緑かかった色をしている亜麻仁油です。

どれも一緒だと思っていましたがぜんぜん違うんですね。
本物の本当の良い亜麻仁油を食べてみたいですね。

コメント