ポーク卵おにぎりは沖縄のソウルフード家庭の味!作り方は?ZIP!で紹介

ZIP!朝ごはんジャーニーは沖縄でおいしい朝ごはんを探します。きょうのマーティンはうるま市にあるビオスの丘から水牛に乗ってスタート。

さっそく視聴者からの情報をSNSでチェック!

沖縄の朝ごはんといえばポーク卵おにぎり。ポークのしょっぱさがお米と合ってめちゃくちゃ美味しい。沖縄のソウルフードです。#ZIP朝ごはん #沖縄

沖縄・恩納村でポーク卵おにぎりについて聞き込み。

  • 週に2~3回食べる
  • ポーク卵おにぎり名人を教えてもらう
スポンサーリンク

沖縄ポーク卵おにぎりのレシピ・作り方

材料・作り方

  1. 卵2個を薄焼き
  2. ポークを焼く余分な脂をペーパーで取る
  3. 海苔に白飯と卵のせポークをのせて海苔すれば完成。

沖縄のソウルフード・ポーク卵おにぎりが完成です。

沖縄のソウルフードってどんなものがあるの?

ポーク卵おにぎりの他に沖縄のソウルフードを調べてみました。

複数の沖縄の情報サイトをみると、

  • 沖縄そば・宮里そば
  • 奥武島のてんぷら
  • サーターアンダギー
  • タコライス
  • ソーキそば
  • あぐー豚・松の古民家
  • ブルーシールアイスクリーム
  • ちゃんぽん(野菜炒めを玉子で閉じてごはんにのせたもの)
  • ブエノチキン
  • ゴーヤチャンプルー
  • 海ぶどう
  • ちんすこう
  • 紅芋タルト

など。

驚いたのが「田そば」の「三枚肉そば」です。丼から三枚肉がはみ出す迫力なんです。毎日10食のみ限定メニューで、しかも公平に提供するため予約不可です。
肉がすごく大きくて見るだけで胃もたれしそうなほど。好きな人にはぺろっと案件なんでしょうけど、肉の脂はさっぱりですといわれても脂は脂だからたぶん無理ですね。

またチャンプルー(野菜や豆腐の炒めもの)やラフテー(角煮)などの沖縄定番料理も欠かせないですよね。

で、沖縄料理を食べるなら那覇繁華街・国際通りに接するオリオン通りの屋台村がおすすめだそうです。沖縄料理を食べるならここという人気スポットとして各雑誌やメディアでも紹介されています。

沖縄でしか食べられないヤシガニの料理だってあるそうです。

そして、万座毛(まんざもう)の海では自分で釣った魚を味わうこともできるんだとか。港に戻ったら釣ってきた魚を刺身、から揚げなどで食べれます。これ楽しそうですよね。

ポークたまごおにぎり専門店があるらしい。

ポーク卵おにぎりの専門店がありました。
その名も「ポークたまごおにぎり本店」という店名。

出典:Instagram(ポークたまごおにぎり本店様)

お店は、那覇空港1F、牧志公設市場、北谷アメリカンビレッジにあるようです。

メニューをみると、通常のポークたまごおにぎりのスタンダードがあり、あぶらみそ、ねり梅、高菜、明太子などをトッピングしてサンドしたものがあったり、スペシャルメニューにいたっては、天ぷら、厚揚げ、エビフライ、トンカツなどをサンドしたものがあります。

前に流行った「おにぎらず」みたいな具材も入れて食べるような感じですね。

まとめ

ZIP!朝ごはんジャーニーで沖縄のソウルフードであるポーク卵おにぎりを紹介!家庭の作り方を紹介しました。また、調べると沖縄ではポークたまごおにぎりの専門店もありました。専門店では、エビフライやトンカツ、明太子やねり梅などをトッピングしたメニューも充実していました。これを見た瞬間、手間なし時短お弁当などで流行った「おにぎらず」を思い出しました。皆さんもぜひポークたまごおにぎりご賞味ください。
※画像はポークたまごおにぎり本店さんInstagramより引用

コメント