あぱん工房(芳賀敦子さんの自家製酵母パン)予約・メニューは?千葉県・南房総市

人生の楽園で、日曜日だけ営業するパン屋「あぱん工房」が登場!

2019年3月2日放送のテレビ朝日「人生の楽園」は、千葉県南房総市が舞台。2016年に日曜日だけ営業するというパン店「あぱん工房」を始めた芳賀敦子さん(58歳)が紹介!

敦子さんは、東京の両国で3人姉妹の末っ子。
看護学校卒業後、都内の病院に勤務。
22歳の時に8歳年上の裕さんと結婚します。

仕事と子育てを両立し、30代になり自然に囲まれた生活をしたいと暮らすために房総半島の土地を見つけ東京から移住。

50歳を越え、看護師の不規則な生活に疑問を持つ。
「もっと自然を感じながらゆったりと暮らしたい」と53歳で看護師を辞めて、畑で野菜を作ったり、仲間と味噌作りをしたり、ハイキングなどを楽しむなど、のんびりとした生活を送る。

そして、20代から始めたパン作り。
毎日のようにパンを焼き、時には友人たちにも分けると「こんなに美味しいパンを作れるなら売ったら」と言われるくらい好評だったので、パン店をはじめることに。

自宅横に工房を造り、2016年9月、56歳で週1日だけ営業するパン屋「あぱん工房」をオープンさせました。

スポンサーリンク

【手作り酵母パン屋】あぱん工房(千葉県南房総市)こだわり・メニュー

千葉・南房総で、日曜だけ営業してるパン屋「あぱん工房」さん。

あぱん工房の粉は国産で、酵母は、甘酒酵母を中心に、酒粕酵母、ヨーグルト酵母、自家栽培のデラウェア(ぶどう)酵母を使って酵母パンを作る。

パン生地は、砂糖の代わりに甘酒を使用。
油脂は基本的には使わない。ただしフォカッチャ生地だけは、オリーブ油を塗布する。

そして、パンの材料・具材(イモ、トマト)などは、できるだけ無農薬の自家栽培の野菜や地元産を使う。ドライフルーツもできる限りオーガニックのものを使いたいということです。

あぱん工房のパンの種類・メニュー

メニューは、あぱん工房のHP「毎月の販売メニュー」で知ることができる。

日によってメニューが違います。

「あぱん工房」3月のメニュー

例)

3月3日販売
食パン、新アールグレーパン、クランベリーパン、玄米パン

3月10日販売
小麦胚芽パン、クルミイチジクパン、抹茶黒豆パン、オリーブ入りフォカッチャ(2枚入り)

3月17日販売
全粒粉入り食パン、デーツパン、黒糖ベーグル(2個入り)、ベーコンパン(2本入り)

3月24日販売
カンパーニュ、亜麻仁とごまのパン、オレンジピールパン、白ごまあんロールパン

3月31日販売
雑穀入り食パン、クルミレーズンパン、胡椒とヒマワリの種のパン、グリーンレーズンパン

とても美味しそうなパンです。

あぱんのパンの予約方法は?

あぱん工房のパンは、毎週日曜に予約販売。
お買い求めの際は、メール(WEBサイト記載)で前日の午前中までにあらかじめ予約をしてお店に行ってください。

店名あぱん工房
住所〒299-2507 千葉県南房総市大井2365
電話0470-46-8566(予約はメールで)
営業時間毎週日曜日 10時30分~16時
WEBサイトapankoubou

あぱんのパンは1袋どれも400円ということです。
※価格やメニューの情報が古い場合がありますのでご了承ください。

メールアドレスは、WEBサイトからご確認ください。
電話はお控えください。
ご予約はメールで。

あぱん工房・アクセス(周辺の地図・場所)

まとめ

人生の楽園(2019年3月2日放映)で、千葉県南房総市にある自家製酵母パンのお店「あぱん工房」さんが紹介されました。

日曜日だけ営業するパン屋さん。
パンの販売は予約制で、ぶどう、甘酒、酒粕の自家製天然酵母を使い作っている。

  • 甘酒の天然酵母で作る「全粒粉入り食パン」はモチモチの食感。
  • ぶどうの天然酵母で作る「オレンジピールパン」、「アップルロールパン」、「ベーコンパン」などは、噛めば噛むほど味わいがあると人気。

注文の多い時は30個程作るそうです。

営業日以外は竹細工教室に通いパンを入れる籠を作ったり、友人たちとハイキングへ出かけるなど、南房総の暮らしを満喫しているということです。

パンが食べたくなりました!
甘酒の天然酵母を使ったパンということですが、うちの近くにはないですね。
あぱん工房の天然酵母パン食べてみたいです。

コメント