【古民家食堂 六代目へいじ】人生の楽園・場所に予約・価格は?

人生の楽園で、栃木県日光市・五十里湖の湖畔にある「古民家食堂 六代目へいじ」が登場!

2019年3月9日放送のテレビ朝日「人生の楽園」は、栃木県日光市が舞台。ダムの建設によってできた五十里湖の湖畔で3年前から民宿を始めた三上政志さん(63歳)と新田玲子さん(61歳)が主人公です。

政志さんは、青森県弘前市出身で、旅行会社の添乗員や営業で各地を歩く。

玲子さんと出会い、仙台で旅館コンサルタントとして独立。一緒に活動していたのが鉄道会社の飲食部門担当だった細井平治さん。

平治さんは、戦後、ダムの建設によって移転することになったかつての宿場町「五十里湖」の出身。
ある日、平治さんに五十里宿から移築した古民家を見せてもらった政志さん。

平治さんから家と名前を借り、2012年食堂として特大目へいじをオープン。開業から間もなく、ほとんどお客さんが来ない日が続きた。

政志さんは、五十里宿の発展を願って古民家を貸してくれた平治さんの応援に応えたいと、民宿への切替を決意。

2016年3月、1日1組限定の民宿として「古民家食堂 六代目へいじ」は再スタートした。

スポンサーリンク

古民家食堂 六代目へいじ

宿の料理は、政志さんが長年、仕事で回った各地の郷土料理を再現。

宿の看板犬2匹と湖畔の散歩、大内宿へのツアーも好評でリピーターも増えている。

政志さんと玲子さんは4年前ほど前から、五十里地区周辺の古い写真を集め、この地の歴史を伝える写真の展示会を考えるが、良い場所が見当たらず、集めた写真はそのままになっていました。

そこで、地域の中で分け合って展示し、観光に来た方に見てもらおうと、近所の方たちに相談するなど五十里宿を盛り上げようと奮闘している。

六代目へいじ・営業ご案内

宿泊人数1組5名様限定
宿泊利用時間チェックイン16時、チェックアウト10時
定休日宿泊通年
送迎湯西川温泉駅から送迎あり(2人~8人まで 要連絡)
お手洗いシャワートイレ対応
駐車場乗用車3台

古民家食堂 六代目へいじ・アクセス(周辺の地図・場所)

宿名古民家食堂六代目へいじ
住所〒321-2806 栃木県日光市五十里73
電話0288-25-7720
WEBサイトkominka-heiji.com

まとめ

人生の楽園(2019年3月9日放映)は栃木県日光市が舞台。

五十里湖の湖畔で3年前から民宿「古民家食堂 六代目へいじ」をはじめた三上政志さんと新田玲子さんのお話でした。

コメント