きんこ芋(上田商店・煮切干製法の干し芋・青空レストラン)通販・お取り寄せ

青空レストランで、上田商店のきんこ芋が登場!

2019年1月26日放送の日本テレビ「満天☆青空レストラン」は、三重県志摩市から黄金の干し芋「きんこ芋」が紹介!

きんこ芋は、シンプルに焼いて、中華にスイーツにアレンジできる。砂糖不使用なのに甘いと驚く三重県のモッチリとした干し芋。カリッと濃厚なバター焼き、酢豚&かき揚げ料理でも抜群に旨い!

伊勢志摩の冬の風物詩「きんこ芋」とは?

三重県志摩市・越賀(こしか)伝統手法の干し芋。
伊勢志摩で作られる干し芋「きんこ芋」です。

海女さんのおやつ「志摩のきんこ」
三重・志摩の郷土食として親しまれる「きんこ」は、サツマイモの一種である隼人芋を使用。隼人芋は痩せた土地と相性が良く、志摩の海辺の畑でもよく育つ。
「きんこ」の名の由来は、干したナマコ(きんこ)に形が似ていることから名付けられた。

冬になると、一般家庭でもきんこ作りが行われ、海女さんや子どものおやつとして食べられてきた。カロテンが多く、アルカリ性の食品で、漁師のスタミナ源としても食べられる。べっこう色をした甘くもっちりとした食感のきんこ芋です。

スポンサーリンク

伊勢志摩 煮切り干し芋・きんこ芋(上田商店)通販・お取り寄せ

詳細 きんこ芋 煮切り干し芋 上田商店

海女さんや漁師さんのミネラル源!スタミナ干し芋。
隼人芋から自社生産・干し芋製造・販売をしている上田商店のきんこ芋です。

きんこ芋(志摩市・越賀伝統手法)通販・お取り寄せ

三重県志摩市・越賀の伝統手法の干し芋「きんこ芋」です。

青空レストランで紹介された「きんこ芋」のお店「上田商店」

伊勢志摩のきんこ芋を販売している上田商店は青空レストランで紹介された干し芋を生産し45年製造・販売している。

三重県でも南部に位置する志摩市。
上田商店のある安乗地区は、岬特有の寒風が吹く比較的温暖な場所。
この温暖な志摩で、水分量の多い「煮切干製法」の干し芋を試行錯誤しながら衛生的に干し芋を量産できる体制を整える。

志摩地方で古くより作られてきた干し芋「きんこ」は海女や漁師のミネラル源として食べられてきた。きんこの呼び名は干しナマコ「金ん子」からきている。

上田商店ではハヤト芋から自社生産しており、芋本来の甘さを大切にして独自の製法で製造している。

きんこ芋・魚介干物:上田商店
住所:三重県志摩市阿児町安乗1076-2
電話:0599-47-3517
代表:上田圭佑さん

まとめ

青空レストラン(2019年1月26日放映)で、三重・伊勢志摩の郷土食の海女さんや漁師さんが昔から親しまれて好まれ食されてきた隼人芋を干した「干し芋」である甘いねっとりとした上田商店が生産・販売している「きんこ芋」が紹介されました。

きんこ芋の加工方法は、市内にも地域によって加工方法が違うんです。

「JA方式(安乗方式)と「越賀方式」と呼ばれる2つ方式に分かれる。なにが違うのかっということですが、JA方式は、芋の皮をむいてから芋を煮ており、越賀方式では、芋の皮つきのまま芋を煮ているという違いがあります。

干し芋は冬の期間限定のものもありますので気になる方はチェックしてみてください。

コメント