ふるさとカフェ矢塚分校 名物メニューは?お店の場所と営業時間と定休日

スポンサーリンク
ふるさとカフェ矢塚分校の場所とカフェメニュー
出典元:ふるさとカフェ矢塚分校

標高700メートルにある廃校「矢塚分校」が、地元の方たちの手で、ふるさとカフェとしてオープン。

ここで食べられるカフェメニューに使われる食材は標高700メートルで採れる新鮮な野菜です。大自然の山の空気と一緒に食べる食事は最高でしょうね。
こちらで食べられる料理とお店の場所などをまとめます。

スポンサーリンク

ふるさとカフェ八塚分校はどこにある?

ふるさとカフェ矢塚分校(旧片貝小矢塚分校跡)は「〒963-5521 福島県東白川郡塙町大字那倉矢塚1」にあります。

見るからに山里です。
お隣さん家まで数百メートルはありそうなそんなイメージです。
山に囲まれ畑などがあり自然の良い空気がたっぷりと吸えますね。ここで深呼吸したら嫌なことも忘れさせてくれるようです。

阿武隈山地(あぶくまさんち)※1のなか、塙の町から40分ほどにあります。
道路は道幅は狭く対向車がすれ違うのにも苦労しそうな感じはしました。木々も生い茂る天気の良い日は木漏れ日が癒やしを与えてくれます。

※1 阿武隈山地は、福島県から茨城県北部にかけて広がっている高地で太平洋岸を南北に走る山地です。

ふるさとカフェ矢塚分校のカフェメニュー

店内とテラスがあり、天気の良い日は思いっきりおいしい空気を吸いながらお食事ができます。

ふるさとカフェ矢塚分校のメニュー
出典元:ふるさとカフェ矢塚分校

食事メニュー

  • うどん(ざる)
  • そば(ざる)
  • ナポリタン
  • ラーメン
  • 冷やし中華
  • ホットサンドセット(デザート付)
  • あんバターセット(コーヒー付)
  • クイニーアマン風トースト(コーヒー付き)

ドリンクメニュー

  • トマトジュース
  • クリームソーダ
  • メロンソーダ
  • かき氷
  • コーヒー
  • 紅茶

パンメニュー

  • 焼き立てパン
  • 大きい塩パン

食事メニューは500円~。
山里にあるので価格は観光地値段かと思いましたが低価格での提供をしていました。もう少し価格を上げても誰も文句を言わないと思います。

トマトジュースは高原で育った矢塚分校さんでしか飲めないもので希少価値があると思います。
カフェに行った殆どの方は手作り高原にんじんジュースを頼むということです。

あとはこれも逃してはいけないのが、新鮮な高原野菜たっぷりの手打ちうどんを使った郷土料理けんちん汁をかけたけんちんうどんです。

さらに手作りパンは1日に100個も売れるという大人気商品です。こちらで食べてもいいですが、うどんや鍋焼きうどんなどを食べた後に帰りにお土産に買って小腹がすいた時に食べるのが最高ですね。

ふるさとカフェ矢塚分校のイベント

イベント「なべっこ祭り」はふるさとカフェ矢塚分校さんの一大イベントです。2019年は10月20日(日)にありました。

すごく盛り上がっている様子です。

定期的にイベントが行われているようですね。

こんにゃく作り体験、手打ちうどん作り体験、ダリアの手入れ体験、花の里川ウォーキング体験など農泊ツアーが開催された様子です。

車好きやバイク好きの方はドライブやツーリングのコースの途中に立ち寄ることも多いようです。

雪深い地なので雪が多く降るとまず山を登っていけないので、カフェさんのTwitterで確認した方が良さそうですね。

ふるさとカフェ矢塚分校の動画

出典元:一般社団法人 矢塚明日塾

矢塚分校の口コミや評判は?

ふるさとカフェ矢塚分校の場所(地図)

店名ふるさとカフェ矢塚分校
住所 〒963-5521 福島県東白川郡塙町那倉矢塚1
電話お問い合わせ
電話番号:090-3125-3644
営業時間土、日:11時~15時
定休日月~金
WEBサイトふるさとカフェ矢塚分校

まとめ・感想

ふるさとカフェ矢塚分校さんについてでした。
大自然で集楽の人たちとの交流をしながらまるでふるさとに帰ってきたかのように癒やされるカフェレストランです。
イベントも行っており最新情報をHPやTwitterのSNSで確認もできます。上に書いてあります。
手打ちうどんの作り方など講習会みたいなことをイベントでしている様子なども見ました。参加者の方々はとてもわかりやすく教えていただきましたと満足そうでした。地元の高原野菜で作るお食事またはトマトジュースは名物となっていて殆どのお客様が購入しておいしく飲んでもらえるということです。
またウインナーコーヒーも始めたということと、母さん弁当も大好評ということですよ。
新作メニューなど増えているようですし、新たなことに挑戦しているそんな感じがしますね。
皆さんもぜひ行ってみてください。

コメント