【瓢亭の朝がゆ】京都の老舗料亭の至福の朝粥 山下健二郎さん、マーティンさんも絶賛!ZIP!朝ごはんジャーニー

ZIP!の朝ごはんジャーニーは 山下健二郎さん の地元である京都市で、視聴者からの情報をもとに朝ごはんを探します。
SNSをみると、「京都なら、瓢亭の朝がゆ」がおすすめということで、瓢亭の朝粥について聞き込み開始。

前回は山下健二郎さんの行きつけのパン屋さんに行きましたよ。

山下健二郎さん行きつけパン屋「GEBACKEN(ゲベッケン)」のおすすめメニューと場所はどこ?ZIP!朝ごはんジャーニー
ZIP!の朝ごはんジャーニーは京都市嵐山からスタート。渡月橋と山の紅葉を見るのもキレイです。さて、視聴者からの情報をもとに朝ごはんを探します。SNSをみると、「京都なら、瓢亭の朝がゆ」がおすすめ。山下健二郎さんの地元で思い出の地で...

なんと、地元の方も瓢亭の朝がゆは上品で食べたことがないとか。これはとても気になりますね!

スポンサーリンク

瓢亭で朝がゆを食べる!

瓢亭は京都を代表する450年前に創業した老舗料亭(十四代目 髙橋英一さん)で、なかなか地元の人でも食べらない上品なお店です。
格式高いと知られておりちょっと行って食べられるものではない?のかもしれません。
本館の隣におよそ60年前に建てられた別館があり、今の時期はこちらの2階で「朝がゆ」をだしています。

瓢亭の朝がゆ 別邸・予約 京都市 老舗料亭の朝粥

出典元:瓢亭の朝がゆ

朝がゆ 価格4,840円

瓢亭の朝がゆは、9種類の料亭料理とお吸い物がついています。
これは上品ですね。
板長のプロの味が味わえる内容となっています。

別館女将 髙橋美子さんに食べ方を教えてもらいました。
「おかゆをお茶碗によそって、ダシを上からかけて召し上がってください」とのこと。

気になる瓢亭の朝がゆのダシはマグロの削り節でダシを取り、うす口しょうゆと塩で味付けした餡です。
これが粥にとても合い食べると自然と上を向き目をつぶって「おいしい」と声がこぼれ落ちる。そして喉を通り体に染み渡るという幸せな気分に。

朝がゆの瓢亭(京都市)予約

南禅寺の総門を潜った先にある、風情のある料亭。
400年の歴史があり当時は茶屋として創業。
庭園を眺めながら個室で懐石料理を堪能できる上品な老舗料亭です。

店名瓢亭
住所〒606-8437 京都府京都市左京区南禅寺草川町35
電話075-771-4116
営業時間11時~23時
WEBサイト瓢亭

老舗料亭の瓢亭・アクセス(周辺の地図・場所)

まとめ

ZIP!朝ごはんジャーニーで老舗料亭の朝粥を堪能!
地元の方でも上品すぎて庶民にはなかなか食べに行けないようです。特別な時でないと行けないのかもしれません。
地元でもチェーン店はよく行けるけど、割烹や料亭は催事や祝い事などしかほとんど行くことなんてありませんから行ったことがないというのもわかります。
旅行で行くぞっていうときにぜひ行きたいですね!

コメント