【いのお飯】伊賀牛(忍者の体力づくり干し肉だった!?)伊賀牛炙り丼が食べれるお店は?三重県伊賀市

めざましテレビいのお飯は三重県伊賀地区で栽培される「三重県伊賀地区産 伊賀米コシヒカリ」と、三重ブランド牛「肉の横綱 伊賀牛」が登場!!

詳細 伊賀米コシヒカリについてはこちら

スタジオでは伊賀米コシヒカリと伊賀牛を使った伊賀牛炙り丼レシピで食べました。

スポンサーリンク

伊賀忍者の力の源!?三重県ブランド牛「肉の横綱 伊賀牛」とは?

三重県伊賀市で伊賀牛炙り丼が食べられるお店はどこ?伊賀牛はお取寄せできる?いのお飯

出典元:三重県農林水産イノベーション課

体力づくりのために伊賀忍者も干し肉にして食べていたと伝えられ、この干肉こそ伊賀肉の元祖とされています。

まず三重県伊賀地域は年平均気温が約14℃と県内でも低く、また盆地特有の寒暖差のある気候が暑さに弱い牛の肥育に向いており、肉質の良い肉の横綱 伊賀牛ができるといわれます。

肉質は、繊細で柔らか、味わいは香ばしさ深い味を醸し出し、まろやかさが口中に広がり、とろけるような特有の風味は松阪牛、神戸牛をしのぐとさえ言われています。

また伊賀牛とは黒毛和種の雌の未経産牛で、最終肥育地として伊賀地域(伊賀市・名張市)で12ヶ月以上飼われ、肉用として出荷される牛のことを指します。

出荷頭数が少ない上にほとんどが地元で消費されるので希少価値が高く「幻の牛」とまで言われています。

伊賀牛炙り丼は三重県の名物

伊賀牛のランチとして伊賀牛炙り丼がお店のメニューにあります。
三重県に来たら食べてるべき名物料理です。

伊賀牛の炙り丼は、食材に伊賀牛と伊賀米コシヒカリを使用している丼のことです。

食べられるお店もたくさんあります。
眉間観光サイトにあったので、一部紹介します。

  • 天然温泉 癒しの宿 ヒルホテルサンピア伊賀
  • 名坂上野忍者ドライブイン(伊賀市)
  • みその(伊賀市)
  • たつた(伊賀市)
  • 伊賀牛焼肉ますだ(伊賀市)
  • ミカク食堂(伊賀市)
  • うどん屋池澤湯(伊賀市)
  • カフェレスはなぶさ(伊賀市)
  • 伊賀牛牛丼つかさ(伊賀市)

三重県伊賀市に行ったらぜひ伊賀牛炙り丼食べてみてください。

まとめ

めざましテレビの伊野尾慧さんの旬のグルメを紹介するコーナー「おのお飯」で、伊賀牛が紹介されました。
このページでは伊賀牛について、三重県志賀市で伊賀牛炙り丼が食べられるお店、伊賀牛の通販でお取寄せできるお店を紹介ししました。
画像出典元は三重県農林水産部フードイノベーション課HPより

コメント