【SHOWチャンネル】赤坂璃宮の蟹肉とレタスのチャーハン家庭で再現レシピ

今回の1億3000万人のSHOWチャンネルの名店のレシピを公開&再現、今夜のメニューはチャーハンです。鍋を振らずに作る名店のチャーハンです。櫻井翔さんが再現する名店レシピは、東京・銀座にある広東名菜赤坂璃宮さんの蟹肉とレタスのチャーハンです。

広東名菜 赤坂璃宮

30年前に譚さんがあんかけチャーハンを作った。
中国にも逆輸入されている。

オーナーシェフ 譚彦彬(たん・ひこあき)さん

目次

蟹肉とレタスのチャーハン

赤坂璃宮のチャーハンを家庭で再現レシピ
出典:赤坂璃宮HP

蟹肉とレタスのチャーハン 価格2,904円
※サービス料込み

しっとりしながらもパラパラのチャーハン。
シャキシャキのレタスと相まって心地よい食感を生み出す。

食レポ「普段食べるチャーハンは油っぽいが、そんなことはなくさっぱりとしている。普段食べるチャーハンにない具材もあったりする」

赤坂璃宮・譚彦彬さんが教える鍋を振らずに作るチャーハンの作り方

赤坂璃宮のオーナーシェフ譚彦彬さんが教える鍋を振らずに作るチャーハンの作り方を教えてもらいました。

家庭の五徳は平らなので、フライパンの方が熱伝導がいい。

材料(2人前)

蟹(缶詰でも可)50g
ご飯 360g
レタス 60g
ネギ 20g
アスパラ 40g
卵 2個

しょうゆ 5g
ピーナツ油 適量
塩・コショウ 少々
中華スープ 5g

作り方
  1. ネギを粗めに切り、レタスは1センチ幅に短柵切りにし重ねて1センチ角のひし形に切る。
  2. 具材と米を炒める。

    ポイント
    鍋はなるべく振らないこと。
    (ヘラでほぐしながら炒める。少なめの水で炊いた熱々のご飯を使う。卵はコシが残るようかき混ぜすぎない。炒め油はさっぱりとしてもたれにくいピーナツ油を使う)

    └ 卵を炒めたらすぐにご飯を入れる。
    └ ヘラでご飯をほぐし優しく押して炒める。
    └ 塩コショウを少々
    └ アスパラ、蟹を加える。
    └ ネギを加えたら、しょうゆを直接米にかける。
    └ しっかりさせるために中華スープをかけ、仕上げにレタスを入れてなじませる。

    家庭用コンロはフライパンが冷めるので持ち上げないこと。

  3. 蒸れないように平らな皿に盛り付けて完成です。

赤坂璃宮 東京・銀座

高級感のある落ち着いた雰囲気の店内で本格的な広東料理が食べられるお店です。
焼物、フカヒレ、海鮮料理などを名物とする。
あんかけチャーハン発祥のお店です。

店名赤坂璃宮 銀座店
住所〒104-0061 東京都中央区銀座6丁目8−7 交詢ビル 5F
電話03-3569-2882
営業時間11時30分~15時
17時30分~21時
定休日
WEBサイト広東名菜 赤坂璃宮

赤坂璃宮 アクセス(地図)場所はどこ?

おすすめ記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる