【ZIP!】十二単 餅しゃぶ 町屋 清水庵 お取り寄せ通販 鳥取県

  • URLをコピーしました!

ZIP!水卜麻美アナウンサーと一緒に朝ご飯で、鳥取県にあるお店「町屋 清水庵(せいすいあん)」の「十二単 餅しゃぶ」が取り上げられました。

目次

十二単 餅しゃぶ 町屋 清水庵(鳥取県)

名物、餅しゃぶ 町屋 清水庵 鳥取

【本家本元】餅しゃぶセット 町屋清水庵

\ 各通販で餅しゃぶを見る /

創業百余年餅一途。
自然の香り、昔なつかしい、くらよしの杵つき田舎もち。
コシととろける食感が自慢です。

商品名 本家本元 餅しゃぶセット(十二単のような彩り 特製お出汁付き)
お店 町屋 清水庵
住所 鳥取県倉吉市堺町1-876

清水庵のの餅しゃぶとは、コシと、とろける食感が自慢です。
十二単の彩りを、十二種の味わい、十二単をイメージした彩り豊かな餅しゃぶです。

十二単 餅しゃぶの発祥の由来

本家本元 町屋 清水庵 十二単 餅しゃぶ 鳥取県倉吉市
出典:清水庵

町屋清水庵は元々、創業百余年の老舗餅屋でした。
しゃぶしゃぶ発祥の地ともいわれる鳥取ではしゃぶしゃぶで食べる機会が多い地域です。
餅屋の老舗ならではの発想からお餅を活かした料理をと試行錯誤した結果、お肉のしゃぶしゃぶに見立てたお餅を薄く切ってしゃぶしゃぶすると、とろりとした食感とすっと抜けるような風味が特徴的なしゃぶしゃぶが出来上がりました。

最初は栃餅の風味だけでしたが、胡麻や、よもぎ、椎茸等種類を増やしていき、十二単の彩りになり現在の餅しゃぶが完成しました。

栃餅(とちもち)とは、灰汁抜きした栃の実をもち米とともに蒸してからつき、餅にしたものです。もち米だけの餅よりも黄土色、茶色がかっていて、粘りが少なく独特な苦味や渋味があります。

清水庵の餅しゃぶ製造工程

  1. 蒸米
    浸漬した、もち米を洗米し、しっかり水切りしたもち米をボイラーで蒸します。
  2. 餅搗き
    クランク式餅つき機でつきあげる為、杵が大きくストロークが長くもち米をつぶす力が強いため、短時間でコシのある餅がつけます。
  3. 成型、冷蔵固化
    長方形の棒状のお餅に成型し、数日の間、冷蔵庫で餅を固めます。
  4. 切断
    お餅を薄く切って完成です。
    お餅の厚さは試行錯誤を重ねた厚さにしています。

町屋 清水庵の実店舗ではお食事も食べられます。

店名町屋 清水庵
住所〒682-0885 鳥取県倉吉市堺町1丁目876
電話0858-22-4759
営業時間11時~14時
17時~20時
水曜は11時~14時の昼営業のみ
定休日火曜
WEBseisuian.jp

町屋清水庵のメニューは、餅しゃぶ(うどんなし、うどんあり、お肉付き、海鮮付き、蟹付きなどがあります)をはじめ、限定メニューでは、冷やしうなぎ蕎麦、うな重、天女御膳(そば、うどん、ミニ海鮮丼付き)、茶碗蒸し定食、各定食(天ぷら丼、海鮮丼、唐揚げ定食、エビフライ膳、マーブルポーク生姜焼き膳、大山牛焼肉膳、天ぷら膳、和食膳、刺身膳、お子様ランチ、王様ランチ、煮付け膳)があります。

また四季折々会席料理、餅しゃぶ膳、餅しゃぶ膳(豚肉付き)などのコース料理(3500円~4,500円くらい)があります。
コース料理は2名様より要予約です。

・お米「星空舞」が食べられるお店認定店舗
・食のみやこ鳥取県認定店

ZIP!水卜アナと一緒にあさごはんで、鳥取県倉吉市にあるお店「町屋 清水庵」の「十二単 餅しゃぶ」を食べました。

日本テレビ ZIP! 毎週月曜~金曜 あさ5時50分~8時放送
司会者 水卜麻美(日本テレビアナウンサー)ほかゲスト

本家本元 町屋 清水庵 十二単 餅しゃぶ 鳥取県倉吉市

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次