ワインボトルケースわっぱかご、パン入れなど盛りかご 素敵な竹かごがいっぱい!竹細工工房 文の郷 長野市戸隠

  • URLをコピーしました!

人生の楽園は長野市戸隠で、父の跡を継ぎ400年の歴史を誇る「戸隠竹細工」の職人になった元建築士の徳武利文さん(65歳)と支える妻・文子さん(66歳)が主人公です。

戸隠出身でものづくりが好きだった利文さん。民宿だった実家を継がず、東京で建築設計の仕事に就きます。その後、松本市出身の看護師・文子さんと知り合い、26歳の時に結婚。古郷に住む両親を思い長岡市に引っ越し、地元の設計事務所に転職。戸隠竹細工の職人として活躍していた父・圭太郎さんは、母・ふじみさんが亡くなったことを機に民宿を閉め、一人暮らしを続けていました。そんな父を気にかけていた利文さんに思わぬ転機が訪れます。それは57歳の時に見た初夢で「竹細工をあなたはやるんですよ」という天からのお告げでした。文子さんの後押しもあり、1年後に会社を辞め、父・圭太郎さんに弟子入り。2年後、父・圭太郎さんは天寿を全うしました。

目次

竹細工工房 文の郷 竹細工の商品は?

ワインボトルケース、わっぱかご パン入れ 竹細工工房 文の郷 長岡市戸隠
出典:竹細工工房 文の郷

こちらの商品は、ワインボトルケースの「わっぱかご」、パンを入れた「盛りかご」です。とてもお洒落ですね。

コーヒータイムにコーヒードリップ竹細工 工房 文の郷 長岡市戸隠
出典:竹細工工房 文の郷

コーヒータイムの至福の時間に竹かごを。
竹細工コーヒードリッパー、さまざまな使い方ができるカバンかご、リンゴや果物、パンなどを入れるのにも使える盛りかご。

手荷物、野菜等にも使える竹細工かご 文の郷 長野市戸隠
出典:竹細工工房 文の郷

テーブルの脇にあったら便利な手荷物かご。
旅館にあっても良さそうです。

他にもお散歩のお供に使える手提げカバンかごなどもあります。

徳武利文 職人紹介

竹細工職人の父・圭太郎さんの跡を継ぎ2016年から竹細工の修行中。
竹細工をやりなさい」という天の声を聞いたことをきっかけに約40年勤めた設計士の仕事を辞め、竹細工職人の道に足を踏み入れる。

店主のこだわり

四季折々に美しい表情を見せてくれる信州戸隠の大自然。
この豊かな地に育まれた「戸隠根曲り竹」を使い、一品一品丹念に手作りされる戸隠竹細工。

先代より受け継いだ伝統の技を生かしつつ、現代の暮らしにさりげなく溶け込む工夫や造形を盛り込んだ私の作品があなたの暮らしに小さな幸せをお届けすることができたらこれにまさる喜びはありません。(文の郷 徳武利文)

竹細工工房「文の郷」長野市戸隠

店名竹細工工房 文の郷
住所〒381-4101 長野県長野市戸隠中社3307
電話
営業時間工房見学 平日 9時~16時
制作体験 平日 10時~16時
※土日の製作体験は応募人数等により
実施する場合もあるのでご相談ください。
定休日
WEBfuminosato23.com

竹細工工房「文の郷」アクセス(地図)お店の場所はどこ?

ナビで設定の際は番地を3308で設定してください。

コーヒータイムにコーヒードリップ竹細工 工房 文の郷 長岡市戸隠

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次