人生の楽園・農家レストラン 食堂ゆすかわ 特産トマトを使ったランチが美味しそう!

人生の楽園で愛媛・西予市の母ちゃんのトマト食堂が登場!

2018年11月17日放送のテレビ朝日「人生の楽園」は、愛媛県の南部に位置する西予市が舞台。

西予市でトマト農家に勤しみながら仲間たちと特産のトマトで町を元気にしようと奮闘する辻元京子さん(65歳)、夫の明文さん(69歳)が主人公。

奈良県出身の京子さんは、

  • 明文さんの縫製工場を手伝いながら2人の子供を育てる。
  • 阪神・淡路大震災の不況を乗り越えられず縫製業は破産。
  • 借金返済のため、がむしゃらに働く中、次の人生を考える。
  • 農的な暮らしがしたいと思っていた京子さんは、西予市での新規就農の誘いを機に、夫婦で新たに挑戦。
  • 2002年、夫婦で移住し、トマト農家としての生活がスタート。
  • 農業は初心者。先輩農家さんたちに支えられながら技術を身に着け、やがて京子さんは、選果の際に出る規格外のトマトがもったいない、どうにかならないかと、婦人学級の仲間に声をかけ、トマトの加工品を作り始める。
  • 試行錯誤を繰り返しながらケチャップやソースなどを試作し、2014年にトマトの加工所と、トマトたっぷりのランチが味わえる農家レストラン「食堂ゆすかわ」をオープン。

1個のトマトも無駄にしたくない、美味しいトマトで地域を盛り上げたいと、頑張る京子さんと明文さんのご夫婦と、ともに夢を追う仲間たちの奮闘ぶり、応援してくれる地域の方々の交流の様子を紹介。

スポンサーリンク

食堂ゆすかわ食事メニュー(ランチ)

  • リコピンズランチ 700円

リコピンズのトマト加工品と地元の旬の野菜をたっぷり使った週替りランチ。

  • ハヤシライス 700円

遊子川産のトマトソースと赤ワインで煮込んだルーはクセになります。

  • スパデッティナポリタン 700円

遊子川産トマトで作った自慢のトマトソースをたっぷりと贅沢に絡めたパスタ料理です。

  • キーマカレー 700円

トウモロコシの甘味と遊子川産トマトの酸味が見事にマッチ。
野菜料理研究家として有名な「やのくにこ」さん直伝の料理です。

  • 自家製ケチャップたっぷりオムライス 700円

こどもケチャップを使って炊き込んだチキンピラフをふわふわとろとろの半熟卵で包み、さらにたっぷりとケチャップをかけた贅沢なオムライスです。

  • 遊子川トマトの西京味噌やき茶漬け 700円
    ※期間限定メニュー
    このメニューは、東京都千代田区神田錦町にある欧風レストラン美味これくしょん神田倶楽部の竹村一道シェフに教えていただいたレシピ。
    西京味噌に一晩漬け込んだ遊子川トマトをオーブンで焼きご飯に盛り付け、かつお、昆布、干し椎茸を合わせた出汁をかけていただくお茶漬けです。
    トッピングのカリカリに炒ったちりめんと青トマトの粕漬けのみじん切りの食感も楽しめ、西京味噌の香ばしい風味と青紫蘇のさわやかな風味、さらに柚子こしょうのアクセント、すべてがベストマッチな一品。
店名食堂ゆすかわ
住所〒797-1712 愛媛県西予市
電話0894-89-1663
URLyusukawamoriagetai.com

「食堂ゆすかわ」アクセス(周辺の地図・場所)

まとめ

人生の楽園(2018年11月17日放映)は、愛知県西予市が舞台。

西予市にあるトマト農家さんで仲間たちと地元の特産トマトを盛り上げようと奮闘する辻本京子さんと明文さんご夫婦が主人公です。

縫製工場をしながら2人の子供を育てていましたが、阪神・淡路大震災の不況を乗り越えられず破産。
借金返済のため、がむしゃらに働く中、次の人生を考え始めました。

西予市の新規就農で夫婦で新たに挑戦し、2002年に移住し、トマト農家としてスタート。
先輩たちに教わりながらがんばりました。やがて京子さんは選果でどうしても出てしまうトマトがもったいないと、どうにかならないかと仲間に声をかけトマトの加工品作りを始めます。

試行錯誤を繰り返し、ケチャップやソースを試作し、2014年にトマトの加工所と、トマトたっぷりのランチが食べられる農家レストラン「食堂ゆすかわ」をオープンさせました。

トマトを無駄にしたくないという思いと、このトマトで地域を盛り上げたいと仲間たちと協力しながら奮闘するご夫婦の様子が紹介されました。

地元のトマトをたっぷり使用したランチ!
ぜひ食べてみたいですね!

人生の楽園
スポンサーリンク
とく食べをフォローする
とく食べ

コメント