二八そば亀福(人生の楽園)営業時間やメニューは?愛知県豊田市

人生の楽園で、愛知県豊田市にある蕎麦屋さん「二八そば亀福」さんが登場!

2018年11月24日放送のテレビ朝日「人生の楽園」は、愛知県豊田市下山地区で「二八そば亀福」をオープンした中根清茂さん(70歳)と妻の光世さん(64歳)が主人公です。

二八そば亀福

愛知県豊田市の山奥で、週に3回だけ営業している二八蕎麦のお店です。

国産そば粉を使用し、出汁を始め一味や季節の野菜も自家製しています。

太陽をたっぷり浴び色濃く実ったものを手摘みにしたジャムにした、甘さ控えめな優しい味わいが特徴のブルーベリージャムの販売も好評です。

いまは、朝晩の冷え込みが進み、紅葉もキレイな下山地区だそうです。もう紅葉も終わりくらいでしょうか。

亀福の窓から紅葉も楽しめる自然のある場所にお店があるんですね。

そして、干し上がった唐辛子を「一味唐辛子」に仕上げたそうで、かけそばで味わっていただきたいということです。
少し後からジワーッとくる辛さがいい感じ!

いま現在も販売しているのかちょっと確認はとれていませんが、今年収穫した古代米のワラで作った「龜のしめ縄」も店頭販売しているそうですので、気になった方はお店に行った時にご確認ください。

番組でも取り上げられたと思いますが、もう終了してしまいましたが、下山地区の奥で「よってらっ彩みてらっ祭」では、お蕎麦屋さんを出店していました。

スポンサーリンク

人生の楽園の番組で紹介された中根さん夫妻

3人兄弟の長男として生まれ、幼い頃に父親を亡くした清茂さん、中学卒業後に近所にある建設会社で家具作りの仕事をします。

旧下山村の青年団の活動で、青年団の海外研修で出会った光世さんと29歳で結婚し、3人の子供を育てます。

常に地域を盛り上げたいと思っていた清茂さんは、国の減反政策の影響で稲の代わりにソバの栽培を始めたのがきっかけで、夫婦そろって、そば打ちを習い始めます。

後に「しもやま元気そば愛好会」を結成し、週末には仲間と観光案内所で蕎麦を振る舞う。

65歳で建築会社を定年退職し、1年後に妻の光世さんも市役所を60歳で定年退職。

「そば打ちの腕をいかし店をやったらどうだ」という友人のススメもあり、自宅納屋を増改築し、今年7月に「二八そば亀福」をオープンしました。

二八そば亀福

二八そば亀福の店名は、清茂さんが趣味で作っている「亀型のしめ縄」にちなんでつけました。

店名二八そば亀福
住所〒444-3231 愛知県豊田市花沢町下前39
営業土、日、月曜の週3日

営業は週3日のみ。

清茂さんがそば打ちをし、そば汁や薬味の準備は光世さんが担当します。

二八そば亀福のメニュー

  • もりそば
  • かけそば
  • 期間限定そば

の3種類で、1日40食のみ。

コシがあって喉越しがいいと評判で、多いときで、15時の閉店前に売り切れるほど人気です。

二八そば亀福・アクセス(周辺の地図・場所)

まとめ

人生の楽園(2018年11月27日放映)では、愛知・豊田市下山地区にある「福招く山里の蕎麦店」として「二八そば亀福」が取り上げられました。

自然豊かな山里地区でお蕎麦屋さんを経営している中根清茂さんと妻の光世さんが人生の楽園のきょうの主人公です。

人生の楽園。
定年後、自分の好きなこと、打ち込めること、やりがいのあることがあるというのはとても幸せですね。

みなさん共通して言えることは、地域を元気にしたい。
そして、賛同する仲間がいること。

こんな素晴らしい老後生活をしたいと思いますね。

蕎麦も美味しそうです。
そば打ちは認知症予防にもとても良いし、蕎麦に含まれる健康成分もあるなど蕎麦の良さがさまざまな健康番組でも紹介されていますね。

そば打ちをはじめてみようかな!と思った方もたくさんいたのではないですか?
そば打ちだけでなく、趣味が高じてお店を持つまでになるというのはすごいことですね。

何か趣味を持って、老後に楽しく過ごすことができたらどんなに充実した生活、憧れます。

コメント