【ZIP!朝ご飯】赤かぶら漬(うち田)道の駅直売所販売・通販お取り寄せ方法 岐阜県

  • URLをコピーしました!

本ページにはプロモーションが含まれています。

今日の「ZIP!(日本テレビ 2023年12月12日)」の水卜麻美アナウンサーが朝食におすすめの商品を紹介するコーナー「水卜あさ美と一緒にあさごはん」で放送された、岐阜県にある会社(お店)「うら田」が製造販売するこだわり人気の漬物「赤かぶら漬」についての特徴や味わい、口コミ(評価)、おすすめレシピ、お召し上がり方(食べ方)、道の駅や直売所での販売情報、通販お取り寄せ方法をご紹介します。

目次

うら田 赤かぶら漬の特徴は?

うら田の赤かぶら漬は通販でお取り寄せ可能です。


うら田 無添加 赤かぶら漬

赤かぶら漬を各通販で見る
楽天市場で見る
Amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

老舗「うら田」の定番商品の飛騨伝統の赤かぶら漬です。
うら田の漬物は、合成保存料、合成着色料等は使用していません。
うら田は「めしどろぼ漬」でも有名な会社です。マツコの知らない世界や青空レストラン等、テレビや雑誌でも度々紹介されている赤かぶら漬を使った漬物です。

「赤かぶら漬」の特徴や味わいについて、赤かぶら漬は飛騨の伝統的なお漬物です。赤かぶらの塩漬けで、天日塩のみで漬け込み、それ以外の調味料は一切使用していません。長い冬の間にゆっくりと発酵・熟成した自然の酸味は、酒の肴や和洋食の香の物として珍重されています。薄めに切ってお召し上がりください。

賞味期限は製造日より90日、保存方法は、直射日光・高温多湿を避けて保存してください。開封後はなるべく早くお召し上がりください。

「赤かぶら漬」の口コミや評価について、「赤かぶら漬は、昔ながらの味で、とても美味しいです。酸味が強すぎず、食欲をそそります」、「赤かぶら漬は、飛騨の名物ですね。色もきれいで、食感も良いです。ご飯のお供に最適です」、「赤かぶら漬は、塩分が少なくて、さっぱりしていますが、自然の味が感じられて、健康にも良さそうです」などの評価が高い商品です。

赤かぶら漬を使ったおすすめレシピは、そのまま食べても美味しいですが、アレンジレシピもあります。
おすすめアレンジレシピは?
赤かぶら漬のサラダ:赤かぶら漬を細かく切り、レタスやトマト、ハムなどと一緒にボウルに入れます。マヨネーズや塩コショウで味付けし、よく混ぜます。冷蔵庫で冷やしてから、器に盛り付けます。

赤かぶら漬のチャーハン:ご飯を炒めておきます。フライパンに油をひき、卵を溶いて炒めます。赤かぶら漬を細く切り、卵と一緒に炒めます。ご飯と合わせて、醤油や塩コショウで味付けします。お好みでネギやゴマをふります。

赤かぶら漬の炒め物:豚肉を一口大に切り、塩コショウで下味をつけます。フライパンに油をひき、豚肉を炒めます。赤かぶら漬を細く切り、豚肉と一緒に炒めます。酒やみりん、醤油で味付けします。お好みで青じそやかつお節をふります。

「赤かぶら漬」を販売している道の駅や直売所の情報は、赤かぶら漬は岐阜県の名物ですので、いろんな会社が作っている赤かぶら漬は、岐阜県内のいくつかの道の駅や直売所で販売されています。
例えば、「道の駅 飛騨高山」「道の駅 飛騨白川」「道の駅 飛騨ふるさと村」「道の駅 飛騨古川」などです。

うら田の赤かぶら漬を購入したのであれば実店舗があります。
うら田直売所(岐阜県高山市上岡本町字上岡本1-1)があります。

以上が、赤かぶら漬の情報です。ご参考になれば幸いです。

日本テレビ ZIP! 毎週月曜~金曜 あさ5時50分~8時放送
司会者 水卜麻美(日本テレビアナウンサー)ほかゲスト

飛騨高山の名物漬物 うら田 赤かぶら漬 通販

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次