人生の楽園・農園カフェ「ベジモア・ガーデン」(小淵沢)ランチ・カフェメニューと場所はどこ?

2019年9月14日放送テレビ朝日系「人生の楽園」は山梨県北杜市が舞台。八ヶ岳の麓で農業暮らしをし農園カフェ「ベジモア・ガーデン」をオープンさせた東正隆さん(54歳)と妻の章子さん(54歳)が主人公です。

東ご夫婦の農園では赤や紫のジャガイモや珍しいカボチャなど少量多品目、100種類を超える野菜を育てている。いまでは農園で汗水たらして野菜を育てている正隆さんですが、5年前まではオフィス街で証券マンとして働いていた。

長崎県出身の正隆さんは、東京の大学を卒業後、証券会社に就職。別の証券会社で働いていた章子さんと出会い31歳で結婚。

空気が良いところで暮らしたいと思うようになり、北杜市に中古の家を購入。週末を過ごすのが一家の楽しみに。やがて野菜作りに興味を持った正隆さんは49歳で早期退職。単身北杜市に移住。農業大学に通い野菜作りを一から学ぶ。地元農家の高齢化を目の当りにし「農家になる」と決心。

サポートするために章子さんと次男の隆平さんも北杜市に移住し、高齢者の方々から土地を借り、農家として新たなスタートを切る。

いまでは栽培する様々な種類の野菜は道の駅などに出荷し評判です。

そして、2018年8月、自家製野菜を使った料理を提供する農園カフェ「ベジモア・ガーデン」をオープン。閉店した地元のカフェを購入し、カフェの脇にあるブルーベリー畑もそのまま譲り受ける。

ベジモア・ガーデンは週3日の営業。
ランチタイムには朝採れ野菜の味を生かしたボリューム満点の前菜、お店自慢のパスタは自家製生パスタで正隆さんが担当。もちろん自家製野菜をふんだんに使った逸品。

そして章子さんはブルーベリーを使ったマフィン、パンケーキなどのスイーツを担当し、長男も厨房に加わり野菜つくりを手伝っている。

さらに甲州地どりの育成まではじめた正隆さん。
日々新しいことに挑戦している。

スポンサーリンク

農園カフェ「ベジモア・ガーデン」

5年前より化学肥料・農薬を使わずブルーベリーや野菜を育て始め、有機循環複合型農業を目指して2018年8月にベジモア・ガーデンにカフェ&直売所をオープン。

ベジモア・キッチンでは自慢のツブツブケチャップと農園主手製の生パスタを使ったジェノベーゼ、ブルーベリーヨーグルトや焼き菓子などが楽しめる。

お米は小淵沢産、パスタの粉はデュラムセモリナと北海道産ルルロッソや有機小麦粉、桃は北杜市産を使うなど材料にこだわっている。

店名Vege&More Garden(ベジモア・ガーデン)
住所〒408-0041 山梨県北杜市小淵沢町上笹尾3270−14
電話0551-35-9389
営業時間10時~15時(ランチタイム11時半~1時半まで)
定休日

秋10月~
木・金・土(要予約)
日・月(検討中)
詳しくはWEBサイト参照

WEBサイトvegemore.main.jp/

農園カフェ「ベジモア・ガーデン」のランチ・カフェメニューは?

ランチメニュー

ランチセット 価格1,300円
旬な野菜プレート+選べるメイン(自家製生パスタ、ベジモアカレー、オムライスなど)

カフェメニュー10時~3時(ランチタイム除く)

ブルーベリーパンケーキ アガベシロップ添え V 価格1,200円

加熱されたブルーベリーが美味しいソースに変身。
少し薄めのアメリカンタイプ。
注文を受けてから種を作るのでゆったりしたカフェタイム限定メニューです。

ふわふわ卵のオムライス VG,GF 価格1,300円
旬の野菜カレー VG,GF 価格1,300円
農家焼き菓子と季節のフルーツソース 価格500円~
ブルーベリーヨーグルト 価格600円

など、詳しくはWEBサイトでご確認下さい。

農園カフェ「ベジモア・ガーデン」アクセス(周辺の地図・場所)

まとめ

人生の楽園で〒408-0041 山梨県北杜市小淵沢町上笹尾で農園カフェ「ベジモア・ガーデン」をご家族で営んでいる東さんが紹介されました。農園カフェの様子やカフェメニューなど、カフェの場所を調べてみました。

人生の楽園
スポンサーリンク
とく食べをフォローする
とく食べ

コメント