人生の楽園で紹介!蕎麦やまぎしのメニュー田舎粗挽き打ち割り箸が凄い!価格やお店はどこ?

今週の人生の楽園さんは、石川県南部に位置する白山市の10世帯が暮らすのどかな山里左礫町(ひだりつぶてまち)で地元に活気をとお蕎麦屋さんをはじめた山岸隆さん(78歳)です。

左礫町で生まれ育ち石川県の警察官となり紀代美さんと結婚。定年前にそば打ちが趣味となり、再就職後も腕を磨く日々でしたが、65歳の時に病気に。病を乗り越え金沢駅の近くで蕎麦店を始めます。こだわりの十割そばは評判もよく人気店になりました。

故郷が限界集落の危機に直面。弟の強さんが地域おこしの責任者になり、自分にも何かできないかと考え、そば店を故郷に移そうと決意。

空き家の実家を改築し2016年3月に単身で左礫町に移り住み、「蕎麦やまぎし」を再オープン。

妹、弟、妻の紀代美さんも、金沢市から店の手伝いに駆けつけます。

スポンサーリンク

蕎麦やまぎし・メニュー

メニュー そば

  1. 礫平打 白(脱皮) きしめん風/田舎(殻付き)
  2. 田舎粗挽き打ち(粗挽き粉) 割りばし風

1.2いずれも値段は大盛り1,000円/普通盛800円

  • 温かいもっちり食感の釜揚げ
  • 大根おろしとつゆをかけたぶっかけ

もどうぞ。

メニュー お料理、飲み物

  1. 天ぷら(野菜が中心) 400円
  2. 礫焼き(舞茸、明太子をそばクレープに挟む) 300円
  3. そばがき(わさび醤油で) 250円
  4. 副礫(餡をそばクレープで挟む) 100円
  5. おにぎり(渡津蛍米) 100円

お酒 上450円/並350円
ビール 中瓶450円/小瓶350円/ノンアル250円
焼酎 200円
ジュース 200円
コーヒー 100円

など。※価格も変わる場合あり。

蕎麦やまぎし

自家製粉して石臼で挽いた、太くコシのある十割そば。
一度食べたらクセになるとリピーターも多い。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

学校のF先生に教えてもらった「蕎麦やまぎし」に行ってきました。 ・ こんなところに本当にあるのってくらい山の中。白山市左礫町、ひだりつぶてまち、と呼ぶそうです。 ・ 2人で「田舎(殻を取らず挽く)」と「礫打ち白(殻を取って挽く、幅広く切る)」、しかも大盛り、「天ぷら(蕎麦粉で揚げてある)」まで頼んでしまいました。 ・ 礫打ち白は普通盛りの分しかなかったらしく、大盛り分として細いのも混ぜてくれました。 ・ 十割蕎麦の滋味深さ、つゆなしで食べたいそのままで美味しい蕎麦でした。 ・ #蕎麦やまぎし #左礫町 #ひだりつぶて

TSUKABAYASHI,Mariさん(@mari_luco)がシェアした投稿 –

出典:Instagram(mari_luco様)

店名蕎麦やまぎし
住所〒920-2353 石川県白山市左礫町ニ55
電話076-254-2322
営業時間11時~15時
営業日月・火 11時~15時
金・土・日 11時~15時
WEBサイト蕎麦やまぎしFacebook

蕎麦やまぎし・アクセス(周辺の地図・場所)

まとめ

2019年7月27日放送の人生の楽園は石川県白山市左礫町で地元地域活性化のために金沢県でやっていた蕎麦屋を移して地域に貢献している蕎麦やまぎしさんが取り上げられました。番組でみましたが山里ですね。こんなところにお蕎麦屋さんがあるのか?と心配になるくらい田舎にあるという印象でした。

田舎粗挽きは箸より太い十割蕎麦として有名で全国からファンが訪れるリピーターも多いとても人気のあるお店です。金沢にお店があった時に通っていた方も多く、中には左礫町は遠いと残念がる人もいるようです。金沢のお年寄りは田舎まで行くのも困難でしょうからその気持ちもわかります。たまにはお祭りなどのイベントに1日限定販売とかあるといいですね。(実施されてるかもしれませんが)
※画像は蕎麦やまぎしさんのFacebookから引用。

コメント