ギャラリー夢来里(むらざと)が人生の楽園で紹介!庭園・お店の場所はどこ?

スポンサーリンク

人生の楽園(2019年5月25日放送)で、自然豊かな高知県大豊町で四季折々の花々が咲く庭園をこつこつと手造りしている都築将子さん(73歳)と、夫の一久さん(75歳)が主人公。

5月には、新緑まぶしい山の中、藤の花、ツツジなどの花が咲き、手作りのベンチや石畳などが訪れる人の心を癒してくれる。

将子さんは50代から絵画教室に通い、本格的に油絵を学びます。各地で賞を獲得するほどの腕前。

ずっと気がかりだったのが、高齢化が進む故郷の大平地区のこと。一久さんが退職すると、故郷に通い竹やぶを伐採するなど手入れを始める。

2006年に将子さんの母が亡くなったことで2年後に夫婦で完全移住します。山の整備をしながら古い蚕小屋を改装し、将子さんの作品を展示する「ギャラリー夢来里(むらざと)」を2011年にオープン。

その後周辺の荒地や田畑を整備しては、樹木や花を植え、空き家となった古民家を改装して、訪れる人が休める休憩所を作りました。

庭園にはたくさんのお客さんが訪れます。
ご夫婦は、お茶を入れ、手作りおやつでおもてなし。

スポンサーリンク

ギャラリー夢来里

施設名ギャラリー夢来里
住所〒789-0169 高知県長岡郡大豊町大平45−1
電話090-5965-6387

ギャラリー夢来里・アクセス(周辺の地図・場所)

まとめ

人生の楽園で高知県大豊町の大自然で庭園をこつこつ手入れし、絵画のギャラリー「ギャラリー夢来里」をオープンさせたご夫婦が紹介されました。

とても癒やされる緑。
こんなところに住みたいですね。

コメント