岐阜・垂井町の手作り木工房と和みカフェ「Cafe 木工房 結」場所と問い合わせは?

2019年5月18日放送のテレビ朝日「人生の楽園」は、田園広がるのどかな山里の岐阜県不破郡垂井町。自然豊かなこの地で、仕事を早期退職し、夢を叶えて大工職人になったばかりの黒川大輔さん(52歳)が主人公です。

食器から家具、そして小規模な家まで造ることが出来る腕前で、作業する木工房と、隣接するカフェの建物も大輔さんが造ったということです。

隣のカフェは妻の永世子さんが切り盛りする「Cafe 木工房 結」です。大輔さんが作った可愛らしいお皿やカトラリーに、永世子さん手作りのスイーツを盛り付けておもてなししてくれます。

椅子やテーブル、本棚などの家具も全て大輔さんの作品という徹底ぶり。高校卒業後、工業高校の教師となった大輔さんは、永世子さんと結婚し、2人の娘が生まれる。

「一旦やりだしたら、とことんまでする」性分の大輔さんは、プライベートでは趣味で、トライアスロンを極め、全国大会で活躍するまでに。

32歳の時に自宅のテーブルを作ったことがきっかけで大工にのめり込む。技術の向上を求めて家具職人の下に通い、技を習得。さらに建築技術も学ぼうと、午前は建築現場で大工修業、午後は定時制高校で教鞭をとる生活に。

そんな大輔さんは仕事の合間を縫って、趣味の木工房も自ら造りあげる。そして木を使ったもの作りを、生業にしたい」と、作品の展示室を兼ねたカフェを建築しました。

2013年にまずは妻の永世子さんが「Cafe 木工房 結」をオープン。娘たちが独立したことで、大輔さんも2019年の春、定時制高校の教員を早期退職。晴れて木工職人となりました。

大輔さんが得意としているのが北欧スタイルの家具。全て手作業で作られ、使うほど体にフィットし、味わいが出るそうで「長く使って欲しい」という思いが込められている。

「Cafe 木工房 結」では、「建物も家具もすべて夫の手作り、自分もそこにこだわりたい」という永世子さんの考えから、厳選素材で手作りしたスイーツを、大輔さんの木の器で提供。「温かみがあって素敵」と、お客さんにも大好評です。

スポンサーリンク

Cafe 木工房 結

店内に一歩入れば木の香りが広がります。

作品の展示室を兼ねているため、お客さんが使うテーブルや椅子、お皿やカトラリーに至るまですべて大輔さんの手作りです。さらに、カフェの自慢は永世子さんが選び抜いた美味しい卵や、自ら収穫した食材を使ったこだわりの手作りスイーツやドリンクがいただけます。

黒川さんご夫婦が営む作品展示を兼ねたカフェ。
金曜・土曜・日曜の午後のみ営業、温かみのある空間で、手作りスイーツが味わえます。

店名Cafe 木工房 結
住所〒503-2102 岐阜県不破郡垂井町敷原173
電話090-7957-3166
営業時間金 13時~16時
土・日 13時~17時
営業日金・土・日
WEBサイトybydw133.cocolog-nifty.com

Cafe 木工房 結・アクセス(周辺の地図・場所)

慈鶏園

番組で紹介された生みたて卵が買えるお店です。

店名慈鶏園(ジケイエン)
住所〒503-2101 岐阜県不破郡垂井町大滝196−1
電話0584-23-1584
営業時間9時~18時

平飼いのニワトリたちが生んだ卵は、濃厚な黄身と弾力のある白身が自慢。

まとめ

人生の楽園(2019年5月18日放映)で、黒川さんご夫婦が営む作品展示を兼ねたカフェ「Cafe 木工房 結」が紹介されました。番組内容、カフェ・工房がある場所を調べてみました。

コメント