農家民宿みつやまの里・兵庫県「田舎暮らしを体験」人生の楽園で紹介!宿泊代や予約は?

人生の楽園で農家民宿みつやまの里が登場!

2019年3月30日放送のテレビ朝日「人生の楽園」で、江戸時代に「因幡街道」の宿場町として栄えた歴史ある町の兵庫県佐用町で農家民宿みつやまの里をオープンさせた髙橋秀彰さん(56歳)と妻の康江さん(53歳)が紹介!

大阪府堺市出身の秀彰さんは、高校卒業後、東京の製版会社に就職した後、36歳で退職し大阪に戻り病院で介護の仕事に就きます。39歳で康江さんと結婚し、いずれは農業をしながら田舎で暮らしたいと農業塾で学び、田舎暮らしに向け準備を進めていました。

たまたま知り合ったのが、佐用町に移住したご夫婦に紹介されたのが現在暮らしている古民家でした。2013年、まずは秀彰さんが51歳で仕事を辞め単身移住し大工と一緒に古民家の改築を始め、同時に畑も借りて野菜作りも始める。

2014年に康江さんも移住し、更に2年後には康江さんも仕事を辞め、2人で本格的に農業をしながら、佐用町での暮らしがスタートしました。

スポンサーリンク

農家民宿みつやまの里

自分たちの暮らしを沢山の人に体験して欲しいと、農家民宿みつやまの里をオープン。

農園でお泊り。

1日一組限定で予約。
お料理は愛情たっぷりのお野菜を中心としたメニュー。

店名農家民宿みつやまの里
住所兵庫県佐用郡佐用町福吉538
電話0790−71ー0538
問い合わせ10時~15時
宿泊1日1組限定(2名~最大9名まで)
料金1泊2食付き 1人8,800円(2名利用時)
WEBサイトmitsuyamanosato

※宿泊人数によって料金が異なります。
※日帰り農業体験などはご相談くださいとのことです。

髙橋さんの畑で育てる野菜やニンニクは最高の出来

高橋さん夫婦の畑は自宅から5分ほどの所にあり、コリアンダー、水菜、春菊など15種類ほどの野菜を育てています。

畑の作り方は、もみ殻や木くずなどを土に混ぜて発酵させ、微生物の働きで改良した土壌で育てた野菜は味が濃いんだそうです。

収獲中にパクリと食べたこれから収獲するニンニクも最高の出来と楽しそうに畑仕事をしていました。

薪ストーブや囲炉裏がお客様にも人気です。

移住当初は、寒くて住むことができるのかと不安だったという古民家ですが、大工さんと一緒に秀彰さんが手伝い2年かけて改築。

現在は、6畳と8畳の客間に、薪ストーブがある居間、そして秀彰さんの自慢の囲炉裏のある部屋の4部屋でお客様をお迎えします。

朝晩冷える作用町ですが、薪ストーブや囲炉裏がお客様にとても人気です。

自家製の保存食や調味料も作ってます。

昔ながらの生活を目指すお二人は、自家製の保存食や調味料も作っていて、漬物やキムチの他、柿を発酵させて作る柿酢や自家製味噌も作っています。

ご近所さんに手伝ってもらいながら仕込み作業するのが「みつやまの里」の恒例行事だそうですね。

まとめ

みつやまの里・農家民宿(兵庫県佐用町)予約・場所は?

出典:みつやまの里Facebook

人生の楽園でみつやまの里が紹介されました。このページではみつやまの里の詳細を調べてみました。

農家民宿を始め半年。
まだ本格稼働できてないと語るご夫婦。

もっと沢山の人にも来てもらえるようにと定期的に体験イベントを開催。

友人が打つ蕎麦、秀彰さんがの料理が味わえる食事会、子供から大人まで楽しめる農業体験も開催しているということです。

みつやまの里さんに行ってみたいですね。
とても楽しそう!
皆さんもぜひみつやまの里さんへ行って農家体験をしてみてください。

人生の楽園
スポンサーリンク
とく食べをフォローする
とく食べ

コメント