ケルセチンたっぷりドリンク「緑茶」を飲んでサビ(老化)を落とす!正しい飲み方と注意は?

たけしの家庭の医学で、ケルセチンたっぷりドリンクを飲むだけでサビを落とせるか?検証。

2019年1月22日放送の朝日放送テレビ「名医とつながる!たけしの家庭の医学」で、ケルセチンたっぷりドリンク「緑茶」が紹介!

近年の研究で判明。
全身の老化をストップできるある方法。
今年こそこれ以上、身体を老けさせない
老化ストップ食材を大公開です。

新潟大学大学院医歯学総合研究科循環器内科学・教授の南野徹 先生が教えてくれるサビ(老化)防止方法。

南野徹先生は、血管を中心に老化について日々研究する国内の第一人者です。

そもそも老化とは、身体の細胞という単位で作られているがその細胞にサビが溜まる。
サビが細胞の働きを弱めてしまう。

サビの蓄積が血管だけでなく、心不全、高血圧、認知症などに関わってくる。

身体のサビが蓄積する原因

  • 高血圧・高血糖
  • タバコ
  • 暴飲暴食
  • 睡眠不足
  • 精神的ストレス

これらの要因を全て避けるのは至難の業です。

番組で紹介されたサビが多かった人の食事


  • チーズトーストとコーヒー

  • 焼きそば

  • 料理の味見(お好み屋さん経営)

ほとんど野菜を食べていないどころか、この食事内容では、必要な栄養素も摂取できていない。

ケルセチンは1日100mg必要

サビをこれ以上溜めずにしかも取り去る良い方法は、1日100mgのケルセチンを摂取すること。

ケルセチン100mgを食品で例えると、

  • レタスなら1日14玉
  • ピーマンなら1日30個

など膨大な量を食べないと1日100mgのケルセチンは摂取できないのだが、南野先生オススメの飲み物なら1日たったの3杯で必要量を摂取できる。

スポンサーリンク

1日3杯ずつ飲むだけで、体のサビ(老化)を取る「緑茶」正しいお茶の飲み方

ケルセチンたっぷりドリンク「緑茶」を毎日3杯ずつ飲むだけ。

緑茶の茶葉にはケルセチンが豊富に含まれている。

とくに煎茶には、ピーマンの約2.5倍のケルセチンが含まれる。

1日約40gの茶葉を使用した場合に約100mgのケルセチンを摂取できるお茶の種類

  • 煎茶
  • ウーロン茶
  • 紅茶

です。

では1週間の検証の結果、サビ(老化)は取れたのか。

検証前、お茶を飲む前のサビの量は、基準値が5.0の所、2倍近くの9.26ありました。

では、検証結果はどうだったのでしょうか!

基準値5.0より下の4.92でした。

これは驚きの結果と思って良いと思います。
1週間で約半分ものサビの量を減らすことに成功しました。

恐るべしお茶の老化防止パワーですね。

ケルセチン摂取するための緑茶の飲み方のポイントと注意は?

ポイントは、無理なく適量を1ヶ月以上摂取すること。

お茶にはカフェインも含まれているので、飲み過ぎには要注意です。

まとめ

たけしの家庭の医学(2019年1月22日放映)で、手軽に出来る身体のサビ(老化)取り方法が紹介されました。

老化予防「ケルセチン」を手軽に摂る方法は、緑茶、ウーロン茶、紅茶を1日3杯飲むだけ。

これで、サビの量基準値5.0のところ9.26だった人が1週間1日3杯のお茶を飲むだけで、約半分の4.92になりました。

これは凄い!身体をサビさせないようにお茶を飲みたいと思います。

コメント