免疫力アップ!マイタケ+ゴボウの作り置きレシピ(料理研究家・木田マリ)簡単レシピ・作り方

この差って何ですか?で、マイタケ+ゴボウの作り置きレシピが登場!

2019年1月15日放送のTBSテレビ「この差って何ですか?」で、免疫力アップに効果的のマイタケ+ゴボウの作り置きレシピが紹介!

レシピを教えてくれるのは、きのこ料理やエノキ氷健康レシピのレシピ本を執筆し、日本きのこ学会の評議員でもある料理研究家の木田マリさん。

今回は、キノコ研究のスペシャリスト吉本先生と強力タッグを組み、毎日おいしく食べられる番組オリジナルの簡単作り置きレシピを開発!

マイタケはシャキシャキした食感で、ゴボウはとても歯応えが良いので、どちらも醤油で甘辛く炒めるととても美味しい。

「きんぴら風の炒め物にします」。

スポンサーリンク

マイタケとゴボウの簡単きんぴら・レシピ

今回は600mlの保存容器に入る量を作ります。

材料

  • マイタケ(2パック・200g)
  • ゴボウ(1本・150g)
  • 醤油(大さじ2)
  • みりん(大さじ2)

作り方

  1. ゴボウは皮ごと薄切り。
  2. 水にさらしてアクぬき。
  3. マイタケを手で裂く。
    (断面積が大きくなって味が染み込みやすい)
  4. アク抜きしたゴボウを中火で約2分間炒める。
  5. ちぎったマイタケを加え約30秒炒める。
  6. 水(大さじ2)を加える。
    (蒸し焼きになり早く火が通る)
  7. 醤油(大さじ2)と、みりん(大さじ2)、水(大さじ2)を加える。
  8. 汁気がなくなると完成です。

これで免疫力アップのマイタケとゴボウの簡単きんぴらの出来上がり。

保存容器で冷蔵保存すれば、5日ほど食べられる!

ご飯のお供としても美味しいんですが、木田さんのオススメの食べ方は、和風パスタです。

ポイントとしては、バターを加えて炒めると、甘辛の醤油味とバターの風味がすごく相性がいいので、パスタにオススメです。

まとめ

この差って何ですか?(2019年1月15日放映)は、免疫力アップに効果的なマイタケ+ゴボウの簡単きんぴらの作り方が紹介されました。

教えてくれるのは、料理研究家の木田マリさんです。

きのこ料理レシピやエノキ氷などの本を執筆し、日本きのこ学会の評議員です。

とても簡単なのに絶品料理が出来上がりです!

コメント