【人生の楽園】切子細工の製作・展示販売KJ工房 徳島県・香川県

  • URLをコピーしました!

人生の楽園は徳島県板野町に移住し切子細工の制作と展示販売をするKJ工房(KIRIKO J’adore工房)を開いた石川啓二さん(66歳)と保護犬の支援活動をしている妻の賀津子さん(61歳)が主人公です。

大阪府出身で、工作が大好きだった啓二さん。大学の工学部を卒業後、神奈川県の通信会社に勤め半導体の開発に没頭。30歳の時、英会話スクールの講師をしていた、徳島県出身の賀津子さんとお見合い結婚。4人の子供を育てる。50歳を過ぎた頃、賀津子さんは以前から子育てが落ち着いたら田舎に暮らしたいと思っていました。啓二さんも賛同し、賀津子さんの地元・徳島県に一軒家を購入。専業主婦だった賀津子さんが一足先に移住。啓二さんは大学時代の知人がやっていたカットガラスに興味を持つ。59歳から「江戸切子」の教室に4年間通う。第2の人生は切子職人。そう思った啓二さんは、2019年に徳島県に移住。翌年に切子細工の制作と展示販売をするKJ工房を開きました。一方、賀津子さんは家庭犬のしつけインストラクターという資格を取得。徳島県の動物愛護管理センターに保護された犬を引き取り、しつけをして新しい飼い主さんを見つける活動を開始します。さらに2年前、お二人は移住後から、よく遊びに来ていた香川県小豆島にセカンドハウス兼工房を建て、板野町と二地域居住も始めました。

人生の楽園
目次

KJ工房(KIRIKO J’adore)について

KJ工房 切子細工(グラス等)の製作、展示販売 徳島県・香川県
出典:KJ工房

KJ工房は、江戸切子の技法をベースとするガラス工芸品を製作しています。
色ガラスを重ねた被せガラス(きせがらす)に精緻なカットと丹念な手磨きで美しいデザインと輝きを創り出します。

ガラス生地の種類は豊富で、ぐい呑み、各種グラス、お皿、水差し、ランプシェード等、身の回りのガラス製品すべてに美しいカットが施され、生活に潤いを与えます。

KJ切子コレクション
イタリアで行われている世界最大級のデザインコンテスト A’Design Award 2022で、「一輪ランプ」がIron Awardを受賞。
昨年の「清流」に続いて2年連続の受賞です。
切子グラス
被せグラスの種類、色、カットデザイン、サイズなど、各種カスタマイズオーダーできます。
KJ工房のウェブサイトから通販で購入可能です。
注文製作のため、発送までに8~12週間ほどかかります。

KJ工房の切子細工の製品の購入方法

KJ工房のホームページからご注文できます。
詳しくはKJ工房のホームページをご覧ください。

切子体験教室

普段使いできる切子グラスの製作技術の理解と普及のためにKJ工房 板野店並び小豆島店にて、切子体験教室(要予約)を開催しています。
予約はKJ工房のホームページから出来ます。
詳しくはKJ工房ホームページをご覧ください。

KJ工房 徳島県板野町

店名KJ工房(KIRIKO J’adore)工房 板野店
住所〒779-0102 徳島県板野郡板野町川端字庄境9-1
電話080-1206-7331
営業時間毎週 金土日(第1、3土日を除く)
11時~18時(事前予約)
詳しくはHPをご覧ください
(2023/01/14時点)
定休日
WEBkiriko-jadore.com

KJ工房 香川県小豆島町

店名KJ(KIRIKO J’adore)工房 小豆島店
住所〒761-4434 香川県小豆郡小豆島町西村字大神甲1948-3
電話080-1206-7331
営業時間第1&第3の日曜を含む土~水曜
11時~16時(事前予約)
詳しくはHPをご覧ください
(2023/01/14時点)
定休日
WEBkiriko-jadore.com

人生の楽園は徳島県板野町に移住し切子細工の製作、展示販売「KJ工房」を始めた石川哲二さんと保護犬の支援活動をしている妻の賀津子さんでした。
とてもキレイな切子細工です。保護犬の支援活動も素晴らしいです。

テレビ朝日 人生の楽園 毎週土曜日18時~18時30分放送
司会者 西田敏行 菊池桃子

KJ工房 切子細工(グラス等)の製作、展示販売 徳島県・香川県

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次