都内で待ち時間ほぼなし爆速ですぐ本格的な料理が食べられる人気のお店を紹介!

めざましテレビで、本格派ファストフードが登場!

2018年12月10日放送のフジテレビ「めざましテレビ」の流行ニュース「イマドキ」で、お手軽だけど本格的なファストフードが続々登場!「中華もパスタもステーキも最新!本格派ファストフード」を北香那さんが紹介!

このページでは番組で紹介されたお店やメニューをチェックします。

まず向かったお店は、

スポンサーリンク

ステーキのファストフード店 MANDYS CUBE STEAK(東京・渋谷区)

とにかく料理の出来上がりが早い!
注文(オーダー)から2分32秒で、お肉がジュージューいっていて美味しそうな料理「ステーキ」がわずかな時間でテーブルに運ばれてきました。

2分半で出来上がり!お店で待つのが嫌な人・せっかちさん・仕事で忙しい人にオススメ!

  • CUBE STEAK HEALTHY (SMALL:130g)ライス付き 734円
    ※ライスはサラダに変更可能/ランチタイム価格です。
    ※和風ソース(ソースはクリーミーガーリック・たまり醤油&わさび・ネギ塩に変更可能)

しかもテーブルで直火にかけて焼き具合を調節しながら最後まで熱々で楽しめるんです。

早く料理がお客様に出せる理由・秘密は?

お肉を独自の製法であらかじめ下ごしらえ(調理)してあるので軽く炙るだけなんです。
あとは焼きそば、大根おろしをのせたら完成です。

MANDYS CUBE STEAKのメニュー・CUBE STEAK HEALTHYを食べたレビューは、

お肉の旨味がギュッと詰まっていて、あっさりめの和風ソースとよく合います。

中華のファストフード店 ラフォーレ原宿 2F Chipoon

注文からわずか2分18秒で担々麺が完成!

  • ベジタブルタンタンヌードル 756円

もちろん早いだけでなく、旨味調味料や動物性食材不使用のスープです。

麺のゆで時間はたったの1分。
スープによく絡まるように縮れ麺を使用しています。

水菜と紫タマネギをトッピングして、最後に豆乳チーズをたっぷり入れて完成です。

Chipoonのベジタブルタンタンヌードルを食べたレビューは、

麺が細麺ですごく食べやすいです。
最初はピリッと辛いがくるけど、そのピリッと感が後から爽やかさに変わっていきます。

パスタのファストフード店 PULS(東京・渋谷区)

注文からわずか1分40秒でパスタが完成しもう出てきました。

一番人気メニュー。

  • 海老好きのためのトマトクリーム 972円
    • 自家製海老風味のフライドオニオン 108円をトッピング。

なぜ早いと疑問ですが、早さの秘密・ポイントは、

調理した麺を3℃の温度で急速冷蔵して旨味を逃さずに保存しておきます。注文を受けてから麺を温めるだけにして茹で時間を短縮(時短)しているんです。

あとは、フライパンの中でソースと麺をよく絡めれば完成です。

PULSの海老好きのためのトマトクリームを食べたレビューは、

麺がモチモチで、エビ好きにはたまらない。
海老の香りがすごくしていてアルデンテほんとにモッチモチでおいしい。

まとめ

めざましテレビ(2018年12月10日放映)の流行ニュース「イマドキ」で、本格的なファストフードを特集!

ステーキもラーメンもパスタも注文から出来上がるまでがとても早いお店をご紹介!

紹介されたお店とメニューと出来上がる早さは、

  • 都内渋谷にあるMANDYS CUBE STEAKのCUBE STEAK HEALTHY(130g・ライス付き) 734円は、注文から2分32秒の早さで完成!
  • ラフォーレ原宿の2階にあるChipoonのベジタブルタンタンヌードル 756円は、注文から2分18秒の早さで完成!
  • 都内渋谷にあるPULSの海老好きのためのトマトクリーム 972円は、注文から1分40秒の早さで完成!

でした。

各店舗では、お肉や麺など料理時間がかかる食材を下茹でしたり、独自の保存方法で注文がきたらすぐの対応できるように工夫しています。

せっかちさんや、料理を待っている時間がもったいない、早くおいしいものを食べたい人や仕事で時間がなく忙しい方などにオススメする都内で爆速で料理が食べられる飲食店でした。

待ち時間2分なんて無いようなものですよね。
注文して、体制を整えて、二人で来た方はお話している間に、1人で食べに来た方は、体制を整えて、ちょっと考えた後、ああ、スマホ見るかとネットニュースや好きな動画を見ようかなと探している間にテーブルには出来たてのオーダーしたお料理が運ばれてきます。

これは急いでいる方、料理は早く出てきて早く食べる!という人のためにあるようなものですね。

通常のラーメン屋さんも今は本当に早くできあがりますよ。
よく利用しているお店は、早くて5分以上はかかるかなと思うんですよね。それでも早いと思います。

本格的なパスタやラーメン、ステーキが2分弱~3分で出てきたらそれはビックリしますよね。

ただちょっと、価格が高いかなー。
パスタはトッピングと合わせると1,000円以上するので、これは海老風味がよく出ているということなので、ふんだんに海老を使っているソースだと思うので、若干金額が高くなってしまうのは仕方ないとは思うんです。

番組で勝手に「ファストフード」と名付けたのかなとは思うんですが、ファストフードと言っちゃうと単純に安いというイメージが付いてしまうんですよね。

畑違いですが、某激安ハンバーガーショップと比べられる対象になってしまうということ。

某バーガー店、某チキン店、某牛丼店などは、単品で400円くらいから美味しいモノが食べられるわけで、価格が高くても600円前後ですよね。

この価格というのは田舎だろうが、都内でも一緒なんです。
ファストフードという名を付けたがために、個人的な感想では、安いというイメージが付いたわけです。

「本格的な料理が爆速で頂けるストレスフリーなお店」みたいなタイトルなら、「本格的=高級・価格が高い」、「高級=待たされるのが爆速で食べられる!」と、頭の中で凄い!お得!という良いイメージの連鎖が起きるわけです。

そこで、価格みると「700円~1,000円前後、え、ちょっと安いじゃね?」ってなると思うんですよね。

しかし、そういうものの都内で店があって、都内で売ってるんだから大手激安バーガーショップと比較したらそれは失礼ですね。食材の原価が違いますもんね。

都内で有名なバーガーショップでも2,000~3,000円とかしますからね。バーガーで3,000円!?と驚いてしまうんですが、肉にこだわっていてボリューム感もあったりと内容を知れば納得な価格でした。

ただネーミングは人によってはさまざまなイメージがあるので、せっかく紹介するならもっと良いイメージでできたかもということですかね。

(ネーミングや価格についてはこの辺にして)

今回の手軽に食べられる本格的なファストフード店を紹介でしたが、早く料理が出てくるように企業努力をされて、無駄を省くように考えてすごいなと関心しました。
しかも本当に美味しそう!

コメント