濡らして振ると冷たくなる夢ゲンクールタオル レジェンド松下・月曜から夜ふかしで紹介!

月曜から夜ふかしで、夢ゲンクールが登場!

2019年4月8日放送の日本テレビ「月曜から夜ふかし」で、1日で1億円を売り上げた実演販売士レジェンド松下さんが番組スタジオにオススメグッズを持ってきた「夢ゲンクール(むげんくーる)」を紹介!

こちらのタオルは、汗を拭くタオルではなく、いわゆる夏に使うヒンヤリタオルです。

従来のひんやりと冷たいタオルは、冷蔵庫に入れたり、使用するとすぐに熱くなったりぬるくなったりして、意外と面倒くさいんですよね。

この夢ゲンクールは、濡れてさえいればずっと冷たいタオルなんです。

驚きですよね!!
しかも、めちゃくちゃ冷えるというのだから凄い!

スタジオではいかにマジで冷えるのか実演!
55℃に温めた夢ゲンクールをぶんぶんと振り回して一瞬(5秒以内)に冷やしてしまうという!

そんなまさか、通常なら冷えるわけがないんですけどね・・・。

スポンサーリンク

夢ゲンクールめっちゃ冷えてるー!!

なんと、55℃に熱々だった夢ゲンクールタオルが、振ることに寄って5秒以内に冷えました!

ネット通販で販売しているので購入することができます。

これめっちゃ欲しい!!

これからの夏の季節に絶対必要ですよね。
今年はすごく気温が高くなり熱中症対策がより重要になってくる気がします。

夢ゲンクールがなぜ冷たくなるのかその仕組みは?

レジェンド松下さんがオススメする水に濡らして、振るだけで極冷無ゲンクールはなぜ冷たくなるのか?

冷やすには必ずこの作業が必要になります。

  1. タオルをしっかり吸水させる。(ぬるま湯でもOK)
  2. ギュッと絞る。
  3. ふんっふんっと強めに振る!

たったの3ステップでひんやり冷たくなります。
ぬるくなってきたら、もう一度振ると冷たくなります。

ひんやりの秘密は、

ズバリ!夢ゲン冷却系と気化熱を効率よく発生させるタオルの構造にあるんです。

秘密その1
夢ゲン冷却系を使っている。夢ゲン冷却系は、繊維そのものの熱伝導率が高いため、触れると冷たく感じられます。

秘密その2
夢ゲン冷却系は、吸水性に優れています。生地表面から水分が繊維と繊維の「すきま」のような細かい空間を重力や上下左右に関係なく液体が浸透していく現象「毛細管現象」を利用しています。

秘密その3
タオルを振ることによりタオル内で水分が循環し、同時に効率よく蒸発させることにより温度を下げます。水分が蒸発して温度が下がる仕組みを気化熱といいます。

抜群の冷却効果で、熱中症対策もバッチリというわけです。

その他の機能として、薄手で軽い!
UVカットで機能的なので、スポーツや野外の作業など幅広いシーンで活躍します。

夢ゲンクールのレビュー・冷える!冷えない!どっちだい?

  • 赤ちゃんの熱中症対策に利用しています。たっぷり水を含ませておいても垂れないし、ヒンヤリが持続します。ちょっとぬるくなったかな?と思ってもパタパタするとヒンヤリが復活するので、夏のお出かけの必需品になっています。
  • もう一枚欲しい。熱中症予防に子供に使用しています。
    ぬるくなっても振るだけでまたひんやりが復活するので、とても便利です。
    乾きにくいので、外出時に水分を含ませる必要があまりないのも助かります。
    ただ、首に巻いていると服が湿ってしまうので襟ぐり広めの服のときしか使えません。
    効果については眉唾でしたが、ここまで我が家の外出時の必需品になるとは思いませんでした。
    目立つピンクですが、裏は白地なので畳み方や巻き方次第では目立たないようにできると思います。
    現在は品切れで買えませんが、再入荷すれば自分用にも買おうと思います。
  • やっぱり冷たい。
    夢ゲンクールタオルが品切れだったので、新聞チラシに載っていた冷感タオルを買ってみたが、今一つひんやりしなかった。今年は異常に暑かったのでゴルフには絶対必要と思い毎日のようにインターネットで調べていたところ楽天市場にあったので早速購入。残念ながら先日のゴルフには間に合わなかったが自宅にいる時も使っています。パンッとはたくとひんやり重宝しています。
  • 冷たく使えて気持ちいい。
    濡らして振るだけで冷たくなるのは暑さ対策に活躍しそう。カラー面と裏地の白色面が統一されていた方が使用時の見栄えが良かったかな、と思います。暑い間は毎日使いたいと思います。
  • やっと手に入りました。暑い中一日中体育館でミニバスをやっている娘に購入しました。保冷剤の首に巻くものは溶けたら終わりなのでこれは振れば冷たくなるので喜んで使っています。
  • ヒンヤリ感が半端ないです振ればふるほどひんやりします長く続きます。
  • 暑い時に首に巻いて試しました。水に濡らして振るとひんやりとなり長く保たれました。
  • テレビで取り上げられていたので即購入。
    緩くなっても振るとまた冷たくなりいいです。
    が、首に巻いていたりすると長時間冷たさは持続しないので、パタパタするのが面倒くさい。
    使用後洗濯をするが、生乾き臭がする。濡らして使うので、臭くなりやすいかも?

などでした。

まとめ

月曜から夜ふかし(2019年4月8日放映)で、実演販売士レジェンド松下さんが熱中対策に便利なひんやりするタオル「夢ゲンクールタオル」が紹介されました。

さすがに振ってから長時間冷たさが持続するわけではありませんが、タオルを振るとまた冷たさが戻るということです。

真夏にはさすがに何回も振っているのも疲れると思いますが、UV対策にもなりますし、普通のタオルなどを巻いているよりは効果的なのかなと個人的には思います。

コメント