日本初!スタバ中目黒「スターバックス・リザーブ・ロースタリー東京」何が違う?

ZIP!で、日本初のプレミアムなスターバックス・リザーブ・ロースタリー東京が登場!

2019年2月28日放送の日本テレビ「ZIP!」の流行ニュース「BOOMERS」は、東京都内・中目黒に今日オープン!日本初の高級スターバックスが紹介!

普通のスタバとはぜんぜん違う!新・プレミアムなスターバックスの魅力につて詳しく調べてみます。

世界で5店舗目となるプレミアムなスタバ「スターバックス リザーブ ロースタリー TOKYO」が日本初上陸!東京都内・中目黒にオープンしました。

新国立競技場を設計した建築家・隈研吾さんが手がけたオシャレな建物。

珈琲のワンダーランドが今日オープン!

スポンサーリンク

普通のスタバとリザーブ・ロースタリーTOKYOとの違い?なにがプレミアムなの?

普通のスタバと、一体なにが違うのでしょうか。
建物・お店の中を入ったらまったく違うのはわかるのですが、肝心のコーヒーやメニューは何が違うのでしょうか。
気になる所ですね!!

通常スタバと違うポイント1「プレミアムコーヒー」

通常のスタバで提供されるフラペチーノなどのメニューはありません。

スタバ・リザーブロースタリーでは、極上のドリップコーヒーが味わえる。

店内で焙煎されたばかりのコーヒー豆。
全国でもごく一部の店舗でしか販売できない貴重な豆を使用したコーヒーが飲める。

そして、このコーヒーを挽くのが、通常のスタバの緑のエプロンではないカーキー色のエプロンをした、日本でここだけの、凄腕バリスタが珈琲を淹れます。

器具は、サイフォン式やハンドドリップ式など6種類があります。

凄腕バリスタが淹れた珈琲がいただけます。

例)

  • グラビタスブレンド(ショート)994円

豆の香りが広がって、その中に甘みあって、これはプレミアム。

通常スタバと違うポイント2「新たな工場見学?コーヒーのワンダーランド」

店内でひときわ目立つ大きな焙煎機のそばでコーヒーを楽しむことができる。

初めて見る光景の連続で楽しい。
店内に張り巡らされた豆がチューブの中を移動します。

その高さ17メートルのキャスクと呼ばれる豆の貯蔵庫がある。

最上階には、豆をパッキングするためのパッキングスペースがある。ここから全国の店舗に発送されるということです。

工場見学気分が味わえるので飽きない。

通常スタバと違うポイント3「コーヒーだけじゃない!プレミアムな空間」

地上4階建ての建物の中では、コーヒー以外も楽しめる。

1階の巨大な焙煎機の隣には、高級ベーカリー「プリンチ」で珈琲に合う80種類以上のパンが販売されています。

2階には日本でここだけの紅茶専門店「ティバーナ」がある。

3階には日本初スタバのアルコールバー「アリビアーモ」があり、ここではお酒だけでなく、ウイスキー樽で寝かせたコーヒー豆で淹れたウイスキーコーヒーが飲める。

  • バレルエイジド コールド ブリュー 1,296円

ぜひとも飲みたい大人コーヒーです。

テラス席もあり、春には満開の桜を見ながらコーヒーが飲める。

スターバックス リザーブ ロースタリー東京・アクセス(周辺の地図・場所)

店名スターバックス リザーブ ロースタリー東京
住所〒153-0042 東京都目黒区青葉台2丁目19−23
電話03-6417-0202
営業時間7時~23時
WEBサイトhttps://www.starbucks.co.jp/roastery-0228/

「スターバックス リザーブ ロースタリー東京(中目黒)」入場規制があるのでご注意。

2月28日(木)~3月3日(日)、3月9日(土)、3月10日(日)は混雑が予想されるため、入場規制があるようです。

2月28日(木)~3月3日(日)、3月9日(土)、3月10日(日)

7時~9時 優先入場チケットプレゼントに当選された方のみ入場できる。

9時~ 優先入場チケットを持ってない方

ということです。

詳しくはスターバックスのWEBサイトでご確認ください。

まとめ

ZIP!(2019年2月28日放映)で、東京都内・中目黒に今日オープン!日本初の高級スターバックス「スターバックス リザーブ ロースタリー」が紹介されました。

コーヒー好きは行ってみたいですね。
通常のスタバで売っているフラペチーノなどのメニューはありませんが、ここで飲めるのは1,000円前後するスゴ腕のバリスタが淹れるプレミアムなコーヒーです。

新国立競技場を設計した隈研吾さんオシャレな建物で、テラスからは目黒川が一望できるので、プレミアムのコーヒーを飲みながら贅沢に桜を見ることもできます。花見シーズンはテラスを求めてかなりの競争率になりそうですね。

コメント